• ホーム
  • 芸能
  • 今井さんの席空け番組開始 共演の梅沢富美男「いい役者なくした」と涙

今井さんの席空け番組開始 共演の梅沢富美男「いい役者なくした」と涙

 末期の大腸がんのため28日に亡くなった俳優の今井雅之さん(享年54)が、木曜レギュラーを務めたTOKYO MX『バラいろダンディ』(月〜金 後9:00)が同日放送され、この日番組に復帰する予定だった今井さんの席はそのままに、番組がスタート。共演の梅沢富美男は「おしい男をなくしたよ。ここにいたんだからさ」と横の席を見て涙した。

 番組冒頭、MCの長谷川豊アナウンサーが「いつもは笑顔でスタートですが、本日に関しては悲しいニュースからお届けしないとなりません」と今井さんの訃報を伝え、アシスタントの阿部哲子アナウンサーがこれまでの歩みを紹介した。

 その後、番組の前進『ニッポン・ダンディ』時代から共演し、今井さんが「先輩」と慕っていた梅沢はコメントを求められると「彼とは息があってて、気持ちが通じあってて。この番組がはじまる時に一緒に頑張ろうな。このテレビ局をメディアにしようや」と誓いあったと回顧。

 舞台降板後に番組出演した今井さんとは1時間話したといい「ここだけの話しだけど、あの男が泣いたの。あの男は泣く男じゃない。舞台降板がよっぽど悔しかったんだろうな」と思いやり「いい役者なくしたね。芸能の神様はなんであいつを連れていくんだ」と声を震わせた。

 「俺も泣きたい。でも男が泣くのは変だから…」と強がった梅沢。「あんな骨の太い役者はいない。本当に悔しいよな」と続け「おしい男をなくしたよ。ここにいたんだからさ」と今井さんが座っていた席を見て涙した。

 7日の放送で今井さんは、番組エンディングに視聴者から寄せられた手紙が読み上げられると、一つ一つの言葉を噛み締め、時おり渋い表情や笑顔、そして、左手でガッツポーズする姿も見せ、最後は「頑張ります!」と力強くメッセージ。 視聴者や共演者に向けて「戻ってきますんで、待っててください」と約束していた。



オリコントピックス