• ホーム
  • 芸能
  • 『平清盛』から3年、松山ケンイチに心境の変化「余裕ができた」

『平清盛』から3年、松山ケンイチに心境の変化「余裕ができた」

 俳優・松山ケンイチが『平清盛』以来の時代劇に挑戦している。WOWOWの連続ドラマ初の時代劇『連続ドラマW ふたがしら』(6月13日スタート、毎週土曜 後10:00※第1話無料放送)で正義の盗賊役を熱演。連ドラ出演自体も2012年の大河ドラマ『平清盛』以来となるが、約3年の時を経て心境に変化も生まれたようだ。

 同作は、オノ・ナツメ氏の原作漫画(小学館ビッグコミックスピリッツ増刊『ヒバナ』連載)を実写化。『ジョーカー・ゲーム』『SR サイタマノラッパー』などの入江悠監督がメガホンを取り、盗賊一味の男たちの巧妙な駆け引きと痛快なだまし合いを描く。松山演じる弁蔵とともに旅しながら、やがてふたりで頭(ふたがしら)として盗賊一味を作ることになる相棒・宗次は早乙女太一が演じる。

 「時代劇の経験は少ない」と語る松山だが、大河ドラマでの経験は生きたようで「今回は盗賊一味が出来上がるまでのお話ですが、『清盛』で若い時から死ぬまでの一生を通して演じたことで、弁蔵の行く末を計算しながらその場だけでなく、ドラマでは描かれていない先まで考えて演じることができました」と手応えをにじませる。
 
 『清盛』以前から「自分でやりたい企画を見つけて、それを実現したいと思っていた」という松山だが、「ここ最近になって、受動的な仕事だけでなく自分がなにを表現したいかと向き合えるようになった。自分の中で整理がついて、余裕ができたのかもしれない」と客観視する。

 公私ともに“一家”を率いるという立場となり「自分も家庭を持っていますが、なにかを背負うというのは余裕がないとできないこと。余裕がない人には怖くて誰にもついていけないですよね。太一くんにも家族がいて背負うものがあるし、劇団朱雀でも引っ張ってきた存在。結果的に弁蔵と宗次にいい影響を与えている」。
 
 撮影当初から続編を熱望してきた。「本当にいい役者の条件は、『また使いたい』と監督に思わせることと、続編ができること。僕は自分の出演作であまり続編がないので、それを実現するために、いい題材、いい演技をちゃんと考えていかないといけない」と鋭い眼光で早くも次のステップを見据えていた。 


 



関連写真

  • WOWOWの連続ドラマ初の時代劇『連続ドラマW ふたがしら』(6月13日スタート、毎週土曜 後10:00※第1話無料放送)で3年ぶりの連ドラに挑戦する松山ケンイチ (C)ORICON NewS inc.
  • 2012年の大河ドラマ『平清盛』から3年、「なにを表現したいかと向き合えるようになった」と話す松山ケンイチ (C)ORICON NewS inc.

オリコントピックス