• ホーム
  • 音楽
  • セカオワ、実写映画『進撃の巨人』主題歌2曲提供 全編英語詞

セカオワ、実写映画『進撃の巨人』主題歌2曲提供 全編英語詞

 人気バンド・SEKAI NO OWARIが、全世界累計発行部数5000万部の人気漫画を実写化した三浦春馬主演映画『進撃の巨人 ATTACK ON TITAN』前後篇2部作の主題歌2曲を書き下ろしたことが26日、わかった。既に海外からの公開オファーが殺到していることから、全編英語詞で書き下ろし。8月1日公開の前篇にはFukase作詞の「ANTI-HERO(アンタイヒーロー)」、9月19日公開の後篇にはSaori作詞の「SOS」を提供する。

 山内プロデューサーは「『生きる』ということの絶望と希望を歌い続けるSEKAI NO OWARIしか、本作の主題歌はない」として打診。メンバーが原作の大ファンだったこともあって快諾した。メンバー4人は早い段階で映像を観てから制作にとりかかり「前篇・後篇ともに『進撃』らしい“企み”のあるすばらしい楽曲を作っていただきました。既存の映像という壁を破壊する映画と、既存の音楽という壁を破壊するセカオワの楽曲のコラボレーション、ぜひご期待ください」(山内氏)と自信をにじませる。

 前篇『進撃の巨人 ATTACK ON TITAN』の主題歌「ANTI-HERO」(7月29日発売)は、Fukaseが作詞、Nakajinが作曲を担当し、ゴリラズやカサビアンのプロデューサー、ダン・ザ・オートメーターとアメリカでレコーディング。Fukaseは「楽曲のテーマは“悪役のラブソング”です。大切な人を守るときに、ためらいたくない、世間の目なんか気にしたくない、という気持ちから書き始めました」と歌詞に込めた思いを明かす。

 一方、後篇『進撃の巨人 ATTACK ON TITAN エンド オブ ザ ワールド』の主題歌「SOS」(発売未定)は、Saoriが作詞、Fukaseが作曲し、シガー・ロスのプロデューサー、ケン・トーマスとイギリス・ロンドンで録音。Saoriは「戦いがテーマであるこの映画を観て、『誰かを守ることは自分を守ることと同じなんだ』という歌詞を書きました。映画の最後にこの曲を楽しんでいただけたらうれしいです」と呼びかけている。

 主演の三浦は「SEKAI NO OWARIさんのこれまでとはまた違った世界観を持った楽曲で、『進撃の巨人』の内なるテーマが歌詞とリズム、メロディーで絶妙に表現されています」と説明。「聴けば聴くほど、不思議な魅力に取り憑かれるような中毒性のある素敵な楽曲だと感じました」と感想を語った。

 関係者は前篇主題歌の「ANTI-HERO」について、「今までの彼らのサウンドイメージをあまりにも大胆に裏切る。その挑戦的な作品は、間違いなく賛否両論を巻き起こすのでは」と話しており、映画とともに大きなインパクトを与えそうだ。



関連写真

  • 三浦春馬主演『進撃の巨人 ATTACK ON TITAN』前後篇2部作の主題歌を担当するSEKAI NO OWARI
  • 8月1日・9月19日に連続公開される『進撃の巨人 ATTACK ON TITAN』

オリコントピックス