• ホーム
  • 芸能
  • 西内まりや、連ドラ主演で新米コンシェルジュ役 一流ホテル舞台に“奔走”

西内まりや、連ドラ主演で新米コンシェルジュ役 一流ホテル舞台に“奔走”

 歌手で女優、モデルの西内まりや(21)が7月7日スタートのTBS系ドラマ『ホテルコンシェルジュ』(毎週火曜 後10:00)に主演することが26日、わかった。外資系一流ホテルを舞台に、客が巻き起こすトラブルを西内演じる新米コンシェルジュ・天野塔子が解決していく1話完結型ドラマ。同局の連ドラ初主演となる西内は「私も塔子と一緒に成長して行きたいと思います」とコメントしている。

 舞台となる「ホテル・フォルモント」では、フレンドリーでありつつ、節度を持って客に接する個性豊かなホテルマンたちが働く。ドラマは、プライベートには干渉しない彼らが、トラブルが発生すると連携し“お客様の笑顔”のために力を合わせて問題を解決していく「笑って泣けるハートウォーミングストーリー」。

 西内演じる天野は「絶対にNOとは言わない!」をモットーにホテル内を走り回る新米コンシェルジュ。性格は超体育会系の凝り性、負けず嫌いで、空気を読む前に突き進む突進型。客には絶対に「NO」とは言わないが、裏ではパニックに陥ることも。しかし、トラブルを解決するため周囲の力を借りて奔走する。

 何をさせても完璧でプロ意識の高い先輩コンシェルジュ・本城和馬を『シマシマ』(2011年)以来4年ぶりの同局ドラマ出演となる三浦翔平(26)、ホテルの総支配人・鷲尾隆介を高橋克典(50)が演じる。鷲尾は、利益至上主義の外資系ホテルにおいても感情を大切にし、バランス感覚と調整能力に長け、部下に道筋を示すドラマの要的存在となる。

 西内は、ホテルコンシェルジュの職業について「これまで私にはあまり馴染みのなかった職業ですが、勉強していくうちに『ホテルにいらっしゃったお客様を最大限おもてなしする』という責任ある役割だと知り、身の引き締まる思いです」とコメント。

 役どころについては「ホテルで次々と起こるトラブルにいつも全力で真っ直ぐ立ち向かっていきます。そんな彼女は演じる私自身もやる気や希望をもらえる存在です」とし、「私も塔子と一緒に成長して行きたいと思います」と意気込んでいる。



オリコントピックス