• ホーム
  • 映画
  • 深津絵里&浅野忠信、“カンヌ受賞”黒沢監督を祝福

深津絵里&浅野忠信、“カンヌ受賞”黒沢監督を祝福

 フランスのカンヌで開催された『第68回カンヌ国際映画祭』で現地時間23日(日本時間24日未明)、黒沢清監督が日本人として初めて「ある視点」部門・監督賞を受賞したことでも話題の『岸辺の旅』。同作でW主演を務め、初の夫婦役を演じた深津絵里浅野忠信が黒沢監督の受賞を祝福するコメントを寄せた。

 同映画は、湯本香樹実(ゆもと・かずみ)氏が2010年に発表した同名小説を原作に、愛する人との永遠の別れと、生者と死者のつながりを描く究極のラブストーリー。

 深津は「黒沢監督! 監督賞、受賞おめでとうございます。最高に最高にうれしいです。すばらしいです」と歓喜し、「私にとって絶対忘れることの出来ない強烈な作品のひとつとなりました。このめぐり合わせに感謝。早く喜びを分かち合いたいなぁ。浅野さんと日本でお待ちしています」と呼びかけている。

 スキンヘッド姿でカンヌのレッドカーペットに登場したことが注目を集めた浅野は「本当におめでとうございます!!! そしてありがとうございます!!! 監督と深津さんとこの映画を作れたことを心から誇りに思います」と感謝を伝えた。

 黒沢監督が同映画祭で受賞するのは、2001年に『回路』で国際批評家連盟賞、08年に『トウキョウソナタ』で「ある視点」部門・審査員賞に続き3度目。受賞後には「まさにサプライズで、とても緊張しています。ささやかな作品が、こうしてカンヌの場で、ひとつの輝きとして発見して頂けたのだと思います。とても光栄です」と喜んでいた。



オリコントピックス