• ホーム
  • 映画
  • 桐山漣、安田聖愛の“ツンデレ”に「たまらなかった」

桐山漣、安田聖愛の“ツンデレ”に「たまらなかった」

 テレビ朝日系の『仮面ライダーW』で注目を集めた俳優・桐山漣が主演した映画『群青色の、とおり道』(7月11日公開)の完成披露試写会が26日、都内で行われ、桐山をはじめ共演の安田聖愛佐々部清監督が舞台あいさつに出席した。

 同作は、群馬・太田市の合併10周年を記念し『陽はまた昇る』『半落ち』の佐々部監督が製作。ミュージシャンを目指して上京した主人公・佳幸(桐山)が10年ぶりに帰郷し、自分自身と真剣に向きあっていく姿を描いた青春物語。

 佳幸の妹・幸恵を演じた安田は劇中で「ツンツンしつつ、愛情のある妹として演じました」といい、桐山から「いいツンデレでしたよ。お兄ちゃん的にはたまらなかったですね」と太鼓判を押されると照れ笑いを浮かべていた。

 この日は、同作の舞台である群馬県のゆるキャラ・ぐんまちゃん、太田市のおおたんも駆けつけ、映画の完成を祝福した。

YouTube公式チャンネル「オリコン芸能ニュース」



オリコントピックス