• ホーム
  • 映画
  • 樹木希林、カンヌ「恥ずかしかった」 帰国後初登場で思い出語る

樹木希林、カンヌ「恥ずかしかった」 帰国後初登場で思い出語る

 女優の樹木希林が26日、都内で行われた映画『あん』(30日公開)のプレミアム試写会に出席。同作は、先日フランスで開催された『第68回カンヌ国際映画祭』ある視点部門に出品され、帰国後初公の場となった樹木は、登壇したレッドカーペットイベントと公式上映会の思い出を語った。

【写真】その他の写真を見る


 上映会でのお披露目が終わり「タイトルが出たら明るくなる前に逃げたいと思った」と当時の心境を明かした樹木。それでも会場では拍手が沸き起こり、先に立ち上がった河瀬直美監督からもステージへ向かうよう手を差し伸べられると「勘弁してくださいって(思った)。それくらい恥ずかしかったです」と照れながら回顧していた。

 同作は、作家で詩人のドリアン助川氏の同名小説が原作。どら焼き屋「どら春」を舞台に、永瀬正敏が演じる雇われ店長の青年・千太郎と、求人を見て転がり込んできた元ハンセン病患者の老婆・徳江(樹木)の姿を通して、生きる意味、人生でやりのことしたことを問う。

 イベントにはそのほか、永瀬、河瀬監督、原作者のドリアン助川が出席し、高円宮妃殿下も特別来賓として訪れた。出演作が大きな注目を集め、永瀬は「周りの仲間から『おめでとう』『素晴らしい』と連絡をいただいた。改めてすごいことなんだな」と感慨深げに話していた。



関連写真

  • カンヌでの思い出を語った樹木希林(C)ORICON NewS inc.
  • 試写会で高円宮妃殿下(左)と談笑する樹木希林(C)ORICON NewS inc.
  • 映画『あん』プレミアム試写会に出席した河瀬直美監督(C)ORICON NewS inc.
  • 映画『あん』プレミアム試写会に出席した永瀬正敏(C)ORICON NewS inc.
  • 映画『あん』プレミアム試写会に出席したドリアン助川(C)ORICON NewS inc.
  • 映画『あん』プレミアム試写会に出席した(左から)高円宮妃殿下、樹木希林(C)ORICON NewS inc.

オリコントピックス