赤井英和、2ヶ月7キロ減量のきっかけは“妻への愛”

 俳優でタレントの赤井英和が26日、都内で行われた『ライザップ ボディメイクグランプリ2015』トークセッションに登壇した。同ジムで2ヶ月7キロの肉体改造に成功し、スリム体形に変貌したCMが話題を呼んでいる赤井。「結婚した時はすでにボクシングを引退していてぶくぶく太っていた。嫁さんは現役時代の体をみたことがなかったのでみせてあげたかった」と“妻への愛”が減量のきっかけだったことを明かした。

 さらに赤井は「なにより夜起きてビール飲んで嫁さん起こして怒られるんですが、それもなくなって夫婦仲もよくなっています」と満足げ。司会から妻の反応を聞かれると「よろこんでくれてます!」と照れくさそうに笑みを浮かべた。

 現在も体形を維持している赤井は「まずは一歩踏み出してやろうという気持ちになろうとすること」と強調。「自分の理想と夢をまぶたの裏に書いて、それを実現すれば夢は叶う」と呼びかけていた。

 今年初開催となる同グランプリでは応募者のライザップ会員2万5000人、ファイナリスト20人より人生最高の体と自信を体現している人を決定。優勝者には賞金200万円が贈呈された。

 この日は審査員として写真家のレスリー・キー氏、ボクシング日本ヘビー級チャンピオンの藤本京太郎、メンタリストのDaiGo、医師の高原太郎氏らが参加した。



関連写真

  • 減量のきっかけは“妻への愛”だと明かした赤井英和 (C)ORICON NewS inc.
  • 『ライザップ ボディメイクグランプリ2015』トークセッションに登壇した赤井英和 (C)ORICON NewS inc.

オリコントピックス