• ホーム
  • スポーツ
  • ボクシング元王者・長谷川穂積、現役続行か引退か…揺れる胸中をテレビで激白

ボクシング元王者・長谷川穂積、現役続行か引退か…揺れる胸中をテレビで激白

 31日放送の関西テレビ『イキザマJAPAN』(前6:30〜7:00、月1回不定期放送※関西ローカル)に、ボクシングの元世界2階級王者で、9日に1年ぶりのリングに帰ってきた長谷川穂積が出演。復帰戦の勝因や試合前に負傷した右足靭帯のケガについて、現役続行か引退か自身の去就について、司会を務めるお笑い芸人・小籔千豊を相手に、複雑な心境を激白する。

【写真】その他の写真を見る


 独自の“斬り口”で旬のアスリートの“イキザマ”を描き出し、勝負の裏側や知られざるドラマを発見していく番組。今回の収録は、長谷川が所属する神戸市の真正ジムで行われた。昨年の敗戦から1年、引退もささやかれる中での復帰戦を「相手とも戦っているし、足の(ケガの)不安とも戦っているんで、すごく疲れた試合でした」と振り返り、「最後までこの試合をやりきると心に決めていたので、その気持ちだけでした」とかみしめるように語った長谷川。

 今回の復帰戦では、防御を重視する長谷川の戦い方に対し、ファンの声も「それでいい」「うち合わなくていい」というあたたかいものだった。それに対し、長谷川は「お客さんにそういわれるようになったっていうことは、僕はプロとしての仕事はもうできてないのかなってすごく思うんですよ」と複雑な胸中を明かす。

 小籔はゆっくりと言葉を選びながら、お笑いとボクシングというフィールドは違えども、プロとしての自分の考えを語り、「これだけ真面目に、一つのことに真摯(しんし)に向き合い、不利な状況でも立ち向かっていく長谷川さんの姿を見て、自分はぬるいな、と。明日から自分も頑張れたらと思いました」と刺激を受けていた。

 収録後の長谷川は「自分の中でスッキリしました」と晴れやかな表情を見せていた。どんな決断をするのか、注目される。



関連写真

  • 5月31日放送、関西テレビ『イキザマJAPAN』でボクシングの長谷川穂積が現役続行か引退か―揺れる胸中を語る(C)関西テレビ
  • 所属している神戸市の真正ジムで司会の小籔千豊と対談(C)関西テレビ
  • 小籔をお笑いのプロとして尊敬しているという長谷川(C)関西テレビ
  • 5月31日放送、関西テレビ『イキザマJAPAN』でボクシングの長谷川穂積が現役続行か引退か―揺れる胸中を語る(C)関西テレビ
  • 5月31日放送、関西テレビ『イキザマJAPAN』でボクシングの長谷川穂積が現役続行か引退か―揺れる胸中を語る(C)関西テレビ

オリコントピックス