• ホーム
  • 芸能
  • 乃木坂46全員でドラマ初主演 ソフトボールチームの“青春”描く

乃木坂46全員でドラマ初主演 ソフトボールチームの“青春”描く

 アイドルグループ・乃木坂46が、7月スタートのテレビ東京系ドラマ24『初森ベマーズ』(毎週金曜 深0:12)でドラマ初主演を果たすことが22日、わかった。超弱小ソフトボールチームが強豪に挑むスポ根青春ドラマで、企画・原作をAKB48グループ総合プロデューサーの秋元康氏が担当。乃木坂はメンバー総出演とあって、主人公役の西野七瀬は「乃木坂のメンバーでドラマができたらいいねってよく言っていたので、嬉しいです」と胸を躍らせている。

 ドラマは、さびれた下町に住む少女たちが思い出の公園を守るため、経験のないメンバーだけでソフトボールチームを結成し、超強豪に挑む、恋愛あり、友情ありの“真っすぐな”ストーリー。公園にかける思いが人一倍強い主人公、ななまるをソフト未経験者の西野、宿敵である強豪チームのキャプテン、キレイ(ポラリス学園)を経験者の白石麻衣が演じる。

 再開発の危機に瀕する公園を守ろうと、ななまるは地上げ屋に強く抗議。すると、地上げ屋の会長の娘であるキレイから、ソフトで自分たちを倒したら再開発を白紙に戻すと約束される。全員が日本代表候補のキレイのチームにななまる率いる素人集団の下町チームが挑む。

 西野は「ほとんどのメンバーがソフトボール未経験者なのでさっそく練習しています!結構、筋肉痛になります!」と苦労を吐露。それでも「それぞれあだ名ももらって、撮影が楽しみな気持ちです。いい作品を作っていけるように頑張ります!」と意気込みは十分。

 白石は「ソフトボールはチームプレーなのでメンバーや周りのスタッフさん方と心を一つにして最高のチームで素敵な作品ができるよう、精一杯頑張りたいと思います」とコメントしている。



オリコントピックス