• ホーム
  • 芸能
  • ジャニーズWEST藤井流星、嵐・相葉は「天使」 月9真犯人予想の結果は…

ジャニーズWEST藤井流星、嵐・相葉は「天使」 月9真犯人予想の結果は…

 ジャニーズWEST藤井流星が24日、都内で行われたフジテレビ系月9ドラマ『ようこそ、わが家へ』容疑者のファン感謝イベントに出席した。主演であり、所属事務所の先輩でもある相葉雅紀について藤井は「優しい先輩で、天使です」と尊敬のまなざし。「メールとかも『ニコ』という顔文字をつけてくれて…カメラに向かって言っとこ。相葉くん、これからもよろしくお願いします!」と茶目っ気たっぷりに“ヨイショ”した。

 同イベントでは相葉演じる主人公・倉田健太ら一家に嫌がらせをしている真犯人の“名無しさん”候補として、健太の妹・七菜(有村架純)を追い回す元カレ・辻本正輝役の藤井のほか、七菜の親友・保原万里江役の足立梨花、母・珪子(南果歩)が通う陶芸教室の講師・波戸役の眞島秀和も登壇。容疑者3人の中でも最も怪しまれている藤井は、「私は辻本が怪しいと思います!」(足立)、「佇まいと表情がおかしすぎる」(眞島)と一斉に疑惑の目が向けられた。

 18日に放送された6話では、健太が何者かに腹を刺されてしまったが、容疑者3人には、その撮影が行われた11日、どこで何をしていたかという追及も。眞島は「舞台の通しけいこをしていた」、足立は「彼氏がいないので、家で大好きな声優さんが羊を数えてくれるCDを聴いていた」、藤井は「大阪でたこ焼きを食べていた」とそれぞれ主張した。

 最終的に、観客の中から選ばれた4人が一番怪しいと思う容疑者に手錠をかけることになったが、これもまた藤井1人に集中。藤井は「僕は犯人じゃないと思ってますから」と訴えつつも「手錠をはめられる機会もないので、だんだんうれしくなってきた」となぜかご満悦だった。

 物語はいよいよ佳境に入り、あす25日放送の7話では、嫌がらせの真犯人が明らかに。藤井は「(自分に手錠を)はめた人は後悔するかも」と不敵な笑みを浮かべていた。



オリコントピックス