• ホーム
  • 音楽
  • サザン10年ぶり東京ドームに感慨 桑田「体力余って」ハイキック披露

サザン10年ぶり東京ドームに感慨 桑田「体力余って」ハイキック披露

 サザンオールスターズが23日、10年ぶりとなる全国ツアー『おいしい葡萄の旅』の東京ドーム公演3days初日公演を開催した。同所でライブを行うのは99年、2005年に続いて10年ぶり3度目。約3時間半にわたって新旧ヒット曲36曲を熱演し、満員の5万人の観客をたっぷりと楽しませた。

 ツアー全23公演の11公演目を迎え、久々に東京ドームのステージに立ったボーカルの桑田佳祐(59)は、先月同所でも来日公演を行ったポール・マッカートニー(72)風に「アリガト、トーキョー」とあいさつするなど、冒頭からエンジン全開。「東京ドームは10年ぶり? 初日のいいところは、体力が余っております」と言うと、田原俊彦ばりにひざを曲げずに左足を蹴り上げるハイキックを見せ、すぐさま腰を押さえるフリをして喝采を浴びた。

 メンバーのあいさつでも盛り上げ、大の巨人ファンのドラマー・松田弘(59)が「ついにわがホームグラウンド、東京ドームに戻ってまいりました!」とジャイアンツのキャップをかぶって絶叫。ベースの関口和之(59)が「一度でいいから見てみたい。女房がへそくり隠すとこ」と、落語家・桂歌丸のあいさつを拝借すれば、キーボードの原由子(58)は「一度でいいから見てみたい。亭主が最後まで歌詞を間違えずに歌うとこ」と夫いじり。“毛ガニ”ことパーカッションの野沢秀行(60)は「一度でいいから見てみたい。毛ガニがサザンのセンターで歌うとこ」と続け、見事な連携プレーで沸かせた。

 ライブは、原がバックダンサーを従えてセンターボーカルを務める「ワイングラスに消えた恋」をはじめ、「はっぴいえんど」「東京VICTORY」「アロエ」など、ヒット中のアルバム『葡萄』(3月発売)収録曲を中心に披露。桑田が「37年やらせていただいていますから、曲だけはたくさんございます。懐かしい曲を聴いてください」と紹介し、「栞のテーマ」「ボディ・スペシャルII(BODY SPECIAL)」といった人気曲も惜しみなく演奏した。

 デビューコンサート当時からの時代の変化をしみじみ語った桑田は「いつも皆さんに声援をいただいて僕らは生きているわけですけど、あっという間に年をとります。いつまでやっていられるかわからないですけど、命の続く限りやらせていただこうと思います」と決意表明。「本当は福山(雅治)が好きなんだろうとか、1番はミスチル(Mr.Children)で、俺たちは2番目か3番目なんだろうな」と笑わせつつ、「世の中どんどん変わっていきますが、これからも皆さんとできるだけ長く、楽しく、希望を持って歌っていきたいと思います。また東京ドームに帰って来ていいですか? また会おうね!」と力強く呼びかけた。

 同所での公演は24・26日にも行われるほか、8月17・18日の東京・日本武道館公演まで、全23公演でトータル50万人以上を動員予定。



関連写真

  • 10年ぶりの東京ドーム3days初日公演を行ったサザンオールスターズ(撮影:三吉ツカサ)
  • 3時間半にわたって全36曲を熱唱した桑田佳祐(撮影:三吉ツカサ)

オリコントピックス