• ホーム
  • 芸能
  • 連ドラ『デスノート』キャスト決定 月役は窪田正孝、L役に山崎賢人

連ドラ『デスノート』キャスト決定 月役は窪田正孝、L役に山崎賢人

 7月期スタートの日本テレビ系連続ドラマ『デスノート』(毎週日曜 後10:30)のキャストがこのほど決定した。名前を書いた人間を死なせることができる『デスノート』を使って犯罪者を抹殺し、悪人のいない世界を創りだそうとする主人公・夜神月(ライト)を窪田正孝、彼と対峙する名探偵・L(エル)を山崎賢人、今回初の実写化となる原作の人気キャラクター・ニアには優希美青が抜てきされた。

 2003年から06年まで『週刊少年ジャンプ』(集英社)で連載された大ヒット漫画『DEATH NOTE』(原作:大場つぐみ、作画:小畑健)が、今回初めて連ドラ化。06年に俳優・藤原竜也が月、松山ケンイチがLを演じて話題を呼んだ映画版や原作とは異なるオリジナルストーリーと設定が追加され、新たな『デスノート』が誕生する。

 今作で描かれるのは『隠れた天才VS生まれながらの天才VS危険因子』。デスノートを手にする大学生・月は特に秀でたところもない夢もない学生だが、デスノートをきっかけに内側に秘めていた歪んだ正義感と絶対的な天才性が目覚め、ダークヒーロー“キラ”へと変貌。彼のライバル・Lは他を寄せ付けないオーラを持ち、無駄なことを一切嫌う超合理主義者で、月の作戦をことごとく打ち破っていく。2人の頭脳戦を静かに見つめるのが、男とも女とも見分けがつかない謎の人物・ニア。果たしてその正体とは…。

 これまでと全く違った『デスノート』に挑むこととなった番組プロデューサーは「その発想に至れたのはキャストの皆さんが持つパワーのおかげです。窪田正孝さんにしかできない夜神月、山崎賢人さんにしかできないL、優希美青さんにしかできないニア。この3人だからこそできる『デスノート』、それを自信を持って皆さんにお届けしたい」と手応えを明かした。



オリコントピックス