• ホーム
  • 芸能
  • たけし、フランスで史上3人目の栄誉 『名誉侍従』受賞

たけし、フランスで史上3人目の栄誉 『名誉侍従』受賞

 映画監督の北野武ことタレントのビートたけし(68)が、仏シャンパーニュ騎士団から『シャンベラン・ドヌール(日本語訳:名誉侍従)』を叙任されることが4日、明らかになった。所属事務所が発表した。

 今回は、昨年5月に叙任されたフランスの芸術文化勲章『オフィシエ・ドヌール(同:名誉将校)』より上の階級となり、過去にモナコ公国の大公アルベール2世、仏政治家のフランソワ・バロワン氏しか叙任されてなく、たけしは史上3人目の快挙となる。

 たけしは「シャンパーニュ騎士団からオフィシエ・ドヌールを叙任されたり、フランスの文化大臣より芸術文化勲章のコマンドールを受章してきましたが、このたびの叙任は大変な名誉だし、光栄に思っています。今後の仕事の大きな励みになるので、とてもありがたいことです」とコメントしている。

 昨年の叙任式典は都内のホテルで行われたが今回は渡仏し、12日に開催される現地の式典に出席予定。たけしは2010年にフランスの芸術文化勲章『コマンドール』を叙任したほか、1999年に『シュバリエ』、昨年は『オフィシエ』を受賞している。



タグ

オリコントピックス