• ホーム
  • 映画
  • 三池崇史監督の女装映像にカンヌ沸く 『極道大戦争』公式上映

三池崇史監督の女装映像にカンヌ沸く 『極道大戦争』公式上映

 世界の映画人が集まる『第68回カンヌ国際映画祭』監督週間に正式招待を受けた三池崇史監督の最新作『極道大戦争』(6月20日公開)が、現地時間21日午後8時30分(日本時間22日午前3時30分)より公式上映され、本編前に“女装”した三池監督のメッセージ映像が上映され、その完成度の高さに場内がどよめいた。

【写真】その他の写真を見る


 川瀬直美監督、黒沢清監督、是枝裕和監督らと並び、カンヌ常連監督の一人である三池監督。今回はスケジュールの都合でカンヌ行きはかなわず、代わりに強烈なサプライズメッセージを撮り下ろした。

 黒の留袖に女鬘とメイクという完璧な女装姿で、番傘と“たかし”の名入りのちょうちんを携えた監督は、「お集まりの皆さん、こんばんは。監督の三池崇史です。今日は極道大戦争にお集まりいただき、本当にうれしく思います。本来ならば、そちらにいってごあいさつしなければいけないのですが、私、今年のはじめから、富士山の麓で芸者をはじめまして、いろいろ忙しくそちらへ伺うことができません。いよいよ来週はシリコンをいれる予定です」 と女芸者になりきり、シャレを効かせた三池流の演出で不参加を詫びた。

 三池監督を“極妻風の女”に変身させたのは、数多のトップモデルや広告を担当するヘア&メイクアップアーティストの冨沢ノボル氏。映画『へルタースケルター』で注目され、三池監督作品にも多数携わっている。公式上映の舞台あいさつは、三池監督によるサプライズコメントからはじまり、同作で謎の殺し屋・狂犬(マッドドッグ)を演じ、『スターウォーズ』最新作にも出演しているインドネシア俳優のヤヤン・ルヒアンと、着ぐるみとは思えない壮絶アクションを繰り広げるKAERUくんが登壇して会場を沸かせた。

 三池監督が原点回帰を謳う同作は、撃たれても刺されても死なないという噂の伝説ヤクザが、実はヴァンパイアだったという設定のエンターテインメント作品。主演する俳優の市原隼人が演じる影山亜喜良が、刺客と戦いながらヤクザヴァンパイアとして覚醒していく姿を描く。

 『カンヌ映画祭』の監督週間は1969年の創設。フランス映画監督協会が主催するカンヌ国際映画祭の併設部門。新しい才能や新人を発掘する一方で、巨匠監督の独創的な作品を上映し、監督の違う側面に焦点をあてるのもこの部門の特徴。最近の日本映画では、園子温監督の『恋の罪』が上映され、昨年は高畑勲監督の『かぐや姫の物語』が選出され、話題を集めた。



関連写真

  • 三池崇史監督が完璧な女装姿で『第68回カンヌ国際映画祭』にVTR出演。監督週間で最新作『極道大戦争』が公式上映された(C) 2015「極道大戦争」製作委員会
  • 主演は市原隼人
  • 主な出演者が描かれたポスタービジュアル(C) 2015「極道大戦争」製作委員会
  • 『第68回カンヌ国際映画祭』監督週間で公式上映された『極道大戦争』(6月20日公開)(C) 2015「極道大戦争」製作委員会
  • 『第68回カンヌ国際映画祭』監督週間で公式上映された『極道大戦争』(6月20日公開)(C) 2015「極道大戦争」製作委員会
  • 『第68回カンヌ国際映画祭』監督週間で公式上映された『極道大戦争』(6月20日公開)(C) 2015「極道大戦争」製作委員会
  • 『第68回カンヌ国際映画祭』監督週間で公式上映された『極道大戦争』(6月20日公開)(C) 2015「極道大戦争」製作委員会
  • 『第68回カンヌ国際映画祭』監督週間で公式上映された『極道大戦争』(6月20日公開)(C) 2015「極道大戦争」製作委員会
  • 『第68回カンヌ国際映画祭』監督週間で公式上映された『極道大戦争』(6月20日公開)(C) 2015「極道大戦争」製作委員会
  • 『第68回カンヌ国際映画祭』監督週間で公式上映された『極道大戦争』(6月20日公開)(C) 2015「極道大戦争」製作委員会
  • 『第68回カンヌ国際映画祭』監督週間で公式上映された『極道大戦争』(6月20日公開)(C) 2015「極道大戦争」製作委員会
  • 『第68回カンヌ国際映画祭』監督週間で公式上映された『極道大戦争』(6月20日公開)(C) 2015「極道大戦争」製作委員会
  • 『第68回カンヌ国際映画祭』監督週間で公式上映された『極道大戦争』(6月20日公開)(C) 2015「極道大戦争」製作委員会

オリコントピックス