• ホーム
  • 芸能
  • 麻見和史作品『石の繭』が連続ドラマ化 WOWOWで放送

麻見和史作品『石の繭』が連続ドラマ化 WOWOWで放送

 麻見和史氏による小説『石の繭』(講談社文庫)が、WOWOWの日曜オリジナルドラマ枠(8月放送予定、毎週日曜 後10:00)で連続ドラマ化されることが21日、わかった。同作は、本格警察小説としてシリーズ化されている「警視庁殺人分析班」の第1弾。キャストの詳細は後日発表される。

 廃ビルの地下室で、コンクリートのようなモルタルで固められた変死体が発見された。翌日、捜査会議の最中にトレミーと名乗る犯人から捜査本部に電話が入り、捜査一課に異動して間もない如月塔子が交渉相手となる。殺人に関するヒントを掲示しながら警察を愚弄・挑発するトレミー。やがて、予告通り第2の殺人が発生。被害者の頭部はやはりコンクリートで塗り固められていた…。

 麻見氏は、映像的にも面白くなるよう工夫しながら執筆したことを明かし、「今回ドラマ化していただくことで、この物語の『完成形』が見られるのではないかという期待があります。小説では顔が見えなかった刑事たちも、俳優の方々の演技で命が吹き込まれることと思います。どんな仕上がりになるのか、今からとても楽しみです」とコメントを寄せた。



オリコントピックス