• ホーム
  • 音楽
  • 【第7回AKB総選挙】山本彩、NMB大苦戦に号泣

【第7回AKB総選挙】山本彩、NMB大苦戦に号泣

■『第7回AKB48選抜総選挙』投票速報
 NMB48山本彩が、昨年の速報時(7位=1万4798票)から1万票近く上乗せし、5位(2万2532票)スタート。一方で、NMB48全体では80位圏内が8人という大苦戦となり、ふだんは涙を見せない“さや姉”が号泣した。

 大阪・難波のNMB48劇場で速報発表を中継で見守った山本は「(投票開始の)きのうからきょうにかけて24時間あったか、なかったかの短い間の中で、2万票を超える票をいただいて…時間を割いて、労力を使っていただいて申し訳ない気持ちですが、本当に本当にうれしいです」とファンに感謝。「去年も1位宣言をして、届かず。今年も懲りもせず1位宣言させていただいているんですけど、しっかり(目標を)言っていかないと現実は変わらない。言霊の力を、皆さんを、自分自身を信じて、NMBがてっぺんを取れたら…」と言ったところで、左手で顔を覆って泣きだした。

 昨年の速報時、80位圏内にランクインしたNMB48メンバーは11人。選抜メンバー16位圏内は、暫定7位の山本ただ1人だった。状況を厳しく受け止めた金子剛劇場支配人は、速報翌日のイベント冒頭でファンに謝罪したが、今年はさらに下回る結果となり、山本はショックを隠しきれなかった。

■「ランクイン」とされる上位80人の内訳(速報時、以下同)
(昨年)AKB=30、SKE=23、NMB=11、HKT=14、乃木坂=1、SNH=1
(今年)AKB=28、SKE=26、NMB=8、HKT=16、NGT=1、SNH=1

■選抜メンバー16位圏内の内訳
(昨年)AKB=6人、SKE=5人、NMB=1人、HKT=3人、SNH=1人
(今年)AKB=4人、SKE=5人、NMB=1人、HKT=4人、NGT=1人、SNH=1人

■上位80位の得票数の内訳
(昨年)AKB=18万5905票、SKE=15万482票、NMB=5万8367票、HKT=11万1847票、乃木坂=3510票、SNH=8273票
(今年)AKB=24万1091票、SKE=19万9387票、NMB=6万4750票、HKT=15万4225票、NGT=1万4476票、SNH=1万2225票

 NMBの苦戦ぶり、選抜圏内の人数でAKBを抜いたSKEの相変わらずの総選挙の強さ、そして地元・福岡で開票イベントが行われるHKT旋風が浮き彫りに。AKBは2位の柏木由紀、3位の渡辺麻友、6位の高橋みなみ、7位の島崎遥香が得票数こそけん引したが、選抜圏内、ランクイン圏内の人数をそれぞれ減らした。

 全員ランクイン、ランクアップを目標に掲げる山本は「みんなが頑張ってるの知ってるから、みんなの努力が報われたらいいなと思って…」「名前が呼ばれへんくて、悔しかったメンバーとかいると思うのね」と涙をぬぐうと、客席のファンは「まだまだ」「これからこれから」「まだいっぱい持ってるから、票」と叫んで励ました。

 涙で目をはらした山本は「皆さんばかりを頼りにするのではなく、私たちももっとできることがあると思うので、まずは自分たちが強い気持ちで」と涙声ながらも気持ちを切り替えると、湿っぽくなった空気を吹き飛ばすために「NMB旋風巻き起こすぞ」と絶叫。メンバーとファンはこぶしを掲げて「オー!」と唱和し、巻き返しを誓った。



関連写真

  • 『第7回AKB48選抜総選挙』速報でNMB48が苦戦し号泣する山本彩(C)AKS
  • ふだんは涙を見せないさや姉の涙に戸惑うメンバー(C)AKS
  • 最後には巻き返しを誓った山本彩(C)AKS

オリコントピックス