• ホーム
  • 芸能
  • 上川隆也が初の記者役「とても新鮮でした」

上川隆也が初の記者役「とても新鮮でした」

 俳優の上川隆也が、6月15日に放送されるTBS月曜ゴールデンの新シリーズ『スクープ 遊軍記者・布施京一』(後9:00〜10:54)に主演する。

【写真】その他の写真を見る


 独自取材で数々のスクープをモノにしているテレビ局の遊軍記者を演じる。与党幹事長の不正献金疑惑と女優の交通事故死。一見、何の関係もなさそうな二つの出来事の取材を通じて布施が、その裏に潜む欲望や悪意を暴く。

 これまで、事件を捜査する側を演じることが多かったが、記者として事件に対するのは今回が初。上川は「報道する立場になったことで、より多くの事象に触れていくことができる、ある種の物語の裾野の広さを感じています。捜査というカタチではない視点から事件に向き合うことがとても新鮮でした」と初めての経験に感動した様子。

 役柄についても「なんの権限もなく、でも何かを引き出そうとする布施というキャラクターがとても魅力的でした。一見そうは見えない人がスクープを拾ってくるというところが、この物語のひとつの大きな面白みになると思っています」と手応えをにじませた。

 原作は『ハンチョウ』などで人気のミステリー作家・今野敏氏の小説。上川のほか、夏菜、吹越満、庄司智春、相島一之、田村亮、大友康平、小野武彦、松重豊らが出演する。



関連写真

  • TBS月曜ゴールデンの新シリーズ『スクープ 遊軍記者・布施京一』
  • TBS月曜ゴールデンの新シリーズ『スクープ 遊軍記者・布施京一』

オリコントピックス