• ホーム
  • 芸能
  • ネプチューン・堀内健、ウッチャンと13年ぶりドラマ共演 芸人役でギャグ連発

ネプチューン・堀内健、ウッチャンと13年ぶりドラマ共演 芸人役でギャグ連発

 お笑いトリオ・ネプチューン堀内健が、NHK・BSプレミアムで放送中のドラマ『ボクの妻と結婚してください。』(毎週日曜 後10:00)の第4話(5月31日放送)にゲスト出演し、ウッチャンこと内村光良が主演した2002年放送のドラマ『ぼくが地球を救う』(TBS)以来、13年ぶりにドラマで共演することが19日、わかった。

【写真】その他の写真を見る


 余命半年を宣告された主人公が、愛する家族の幸せを願い、妻の再婚相手を探す樋口卓治氏の同名小説の実写化。映画『60歳のラブレター』『神様のカルテ』『トワイライト ささらさや』などを手がけた深川栄洋監督が演出、ドラマ『最後から二番目の恋』(フジテレビ)などの岡田惠和氏が脚本を担当。13年ぶりに連続ドラマに主演する内村が、“人を笑わせるのが大好き”なテレビ局勤務の三村修治を好演している。

 17日に放送された第2話では、本人役で登場した波多陽区、クールポコ。、ムーディ勝山が、NHK『LIFE!〜人生に捧げるコント〜』の名物キャラクター「イカ大王」(塚地武雅)に続き、堀内も本人役(!?)で出演。

 親友のディレクター・立木(筧利夫)に重要な話をするためスタジオにやってきた三村だが、立木の姿が見当たらない。「堀内」と書かれたジャージを着た芸人を見つけた三村は、立木の居場所を尋ねるが、その芸人はかつてバラエティ番組のディレクターを務めていた三村に会えたことがうれしくて一発ギャグを連発する。

 収録は、13年前と同じ横浜市内の緑山スタジオで行われ、内村は「朝早くからギャグを披露していただいたんですが、いまひとつ売れていない感じというか、“この人はきっと伸び悩んでいるんだろうな…”という雰囲気が一瞬のうちににじみ出ていてすごく良かった」と手応え。「最近あまり一緒に仕事する機会がなかったので、久しぶりに共演できてうれしかったです。二人の絡み、楽しみにしていてください」と力強く語った。

 堀内も「ドラマの内村さんは、やっぱり違いますね」と感慨深げ。「僕もせりふを覚えようと思って台本を見たら、せりふが一つもなかったので、ちょっと…(笑)。でも任せていただいて、ギャグの出来は、けっこう良かったと思います。プレッシャーもありましたが、三村(内村)さんがなんでも笑ってくれたので満足しています」と振り返った。

 24日放送の第3話 「大逆転?」は、修治が進める妻・彩子(木村多江)の再婚計画に、彩子の初恋の人・沖(吉田栄作)が乗ってきて、修治はもう一度二人を偶然再会させて妻をデートに誘わせようとするが、沖はあえなく撃沈。計画がとん挫してやけになった修治は酒に酔って町を徘徊する。そんな姿を親友の立木に見とがめられ、家まで送ってもらった。そして翌朝、彩子の作った朝食をうまそうに食べる立木を見て修治はあることをひらめく。



関連写真

  • ウッチャンとホリケンが13年ぶりドラマ共演(C)NHK
  • NHK・BSプレミアムで放送中の『ボクの妻と結婚してください。』三村(内村)の前でネタを披露する「堀内」(C)NHK
  • 自身の演技を真剣にチェックする堀内健(C)NHK
  • NHK・BSプレミアムで放送中の『ボクの妻と結婚してください。』三村(内村)の前でネタを披露する「堀内」(C)NHK
  • ウッチャンとホリケンが13年ぶりドラマ共演。収録後はこの笑顔!『ボクの妻と結婚してください。』第4話(5月31日放送)に登場(C)NHK
  • NHK・BSプレミアムのドラマ『ボクの妻と結婚してください。』第3話(5月24日放送)に登場(C)NHK
  • NHK・BSプレミアムのドラマ『ボクの妻と結婚してください。』第4話(5月31日放送)に登場(C)NHK

オリコントピックス