• ホーム
  • 芸能
  • 高橋克実、探偵役で“中高年応援ドラマ”主演「僕の元気の源」

高橋克実、探偵役で“中高年応援ドラマ”主演「僕の元気の源」

 俳優の高橋克実(54)が、7月スタートのテレビ東京系“金曜8時のドラマ”『僕らプレイボーイズ 熟年探偵社』(毎週金曜 後7:58)で主演を務めることが19日、わかった。同作は、メンバー全員が55歳以上の男性からなる「プレイボーイズ探偵事務所」を舞台にした“中高年の、中高年による、中高年のための探偵ドラマ”。民放連続ドラマで2年ぶり2度目の主演を務める高橋は、メーカーの営業から慣れない探偵業に転身し、家では嫁・姑の尻に敷かれる主人公を演じる。

 『三匹のおっさん2〜正義の味方、ふたたび!!〜』が好調の同局が、50代半ばでも精力的に活動する高橋を主演に迎え、新たに中高年のためのドラマに挑む。

 同作は、直木賞作家・藤田宜永氏の『還暦探偵』(新潮文庫刊『通夜の情事』所収)が原案。捜査一課の刑事だった所長のもとに集った探偵たちは、タクシー運転手、内科医、元オリンピック選手と、およそ探偵業からはほど遠い経歴を持っている。

 家電メーカーの営業部に勤務していた主人公・岩瀬厚一郎(いわせ・こういちろう)は、そんな曲者たちと時に協力し、時にぶつかり合い、時には彼らの言動に困惑しながら依頼解決のため走りまわる。探偵事務所への依頼人も彼らと同じ中高年の男女限定。岩瀬は、熟年離婚や雇用、介護、ペットロス…と中高年のあらゆる難問を明るく解決していく。

 そのほかのキャストはまだ発表されていないが、高橋は「うれしくて仕方ないのは、僕が昔から憧れ尊敬している先輩方と、このドラマでご一緒できることなんです」と歓喜。「錚々(そうそう)たる皆さんに囲まれて芝居ができるという幸福感が、『中高年真っ只中』の僕の元気の源です! 皆さんにも、そんな楽しさやエネルギーをお届けしたいと思っています」と意気込んでいる。

 中川順平プロデューサーは、少子化や若者の草食化が叫ばれるようになって久しい昨今、元気なのは“中高年”だといい、「笑って、笑って、最後にホロッとして…明日への活力につながる、中高年応援ドラマです」とコメントを寄せた。



オリコントピックス