• ホーム
  • 芸能
  • 北川景子主演ドラマ『探偵の探偵』に井浦、ユースケ、三浦貴大が出演

北川景子主演ドラマ『探偵の探偵』に井浦、ユースケ、三浦貴大が出演

 女優・北川景子が主演する7月スタートのフジテレビ系ドラマ『探偵の探偵』(毎週木曜 後10:00)に、井浦新ユースケ・サンタマリア三浦貴大がレギュラー出演することが19日、明らかになった。

 同ドラマは『万能鑑定士Q』シリーズや『千里眼』シリーズの松岡圭祐氏が書き下ろした同名小説(講談社文庫)が原作。徹底した取材に基づく探偵業、調査業をベースに、同職業の倫理をテーマとする新機軸の探偵物語を展開。亡き妹の残酷な過去をきっかけに“探偵を追う探偵”として働く孤高の女探偵・紗崎玲奈(北川)の活躍と、相棒・峰森琴葉(川口春奈)との邂逅を描く。

 井浦が演じるのは、北川演じる玲奈が入所した探偵事務所スマ・リサーチ社社長・須磨泰臣(すま・やすおみ)。探偵ものの作品初参加の井浦は「役者を生業とするようになり、いつの日にか!と思いを募らせてきました」と意欲的だ。

 今回、演じる須磨という男は、人生が闇に覆われるほどのつらい過去を持ち、探偵としては優秀だったが、「かなりのくせ者かもしれません」(井浦)。その上、探偵の行動は全て自己責任、という考えから玲奈が窮地に陥ろうとも介入しない冷徹な一面も見せる。井浦は「陰と陽を自在に操り、底知れぬ闇をみじんも感じさせずに探偵社の社長を務めている。須磨の過去を想像し血肉を通わせながら、この男の未来に何が起きるのか? 何を企んでいるのか! 付き合い甲斐のある役柄に、演じる難しさと楽しさをいただきながら、最後まで走り抜けたい」と語っており、役づくりに余念がない。

 ユースケは、阿比留総合探偵社の社長・阿比留佳則(あびる・よしのり)を演じる。阿比留は、警視庁からの信頼も厚く、警察への捜査協力を積極的に行うことで名前を売り、マスコミにも顔出しで多く登場する自己顕示欲の塊のような男。トレードマークの葉巻とサングラスはユースケのアイデア、というより「趣味」。「葉巻は僕の好きな銘柄でシガーケースがかっこよくて、サングラスは僕の私物なのですが、日常のユースケ・サンタマリアを役に取り入れることで(阿比留というキャラクターが)面白くなるのでは」と、こちらも念入りに役づくり。「正義はひとつじゃないということは意識して演じています」と意気込む。

 同局のドラマ初出演の三浦は、警視庁捜査一課勤務のノンキャリア出身の刑事・窪塚悠馬(くぼづか・ゆうま)を演じる。窪塚は、訳あって8歳になる一人娘・柚希を母親の実家に預けながら仕事をしている。はじめは探偵という職業に対して強い嫌悪感を示し、警察のプライドをぶつけてくるが、実は似たような境遇にある玲奈の過去を知って同情にも似た共感を覚えるようになっていく。「警察という第三の勢力として良きアクセントになっていければと思います。また、玲奈との今後の関わりも楽しみにしていただければ」とコメントを寄せた。



関連写真

  • 北川景子演じる主人公・玲奈が入所する探偵事務所の社長役で井浦新が出演
  • 私物のサングラスで自己顕示欲の塊のような探偵社の社長役を演じるユースケ・サンタマリア
  • 警視庁捜査一課勤務のノンキャリア刑事役で三浦貴大がフジテレビの連続ドラマに初出演

オリコントピックス