浅田舞、タレント業順調も女優デビューは「ないない」

 スポーツキャスターでタレントの浅田舞(26)が23日、東京スカイツリータウンで行われた開業3周年記念『乾杯イベント』に出席。タレント業は「ここ半年で始めたばかり」という舞だが「毎日楽しい。全力で頑張っている」とにっこり。しかし、女優デビューの可能性を聞かれると、手を顔の前で左右に振り「ないない」と全力で否定した。

 先日、妹の浅田真央(24)がフィギュアスケート現役続行を表明。その直後に舞が出席したイベントでは、質問が真央の話題に集中し、囲み取材が打ち切りに場面もあったが、この日の囲み取材では「何もしゃべりませんよ?」と笑顔でけん制した。

 自身の現役復帰については「いまから復帰するとなると、2、3年…もっとかかる。(復帰は)ないですね」とキッパリ。子ども達にスケートを指導する機会もあるが、「いつか大人たちも指導できるようになれたら。指導者としての道も、1つの道としてできたらいい」と明かした。

 同所の開業3周年を記念し、集まったファンとお酒で乾杯した舞は、「お酒飲みながら仕事ができるなんて、こんな幸せなことない」とご機嫌。酔っ払うと「すっごく顔が真っ赤になっちゃいます。あと、おしゃべりにもなる。友達は聞き役です」と照れながら語った。



関連写真

  • 女優デビューを全力で否定した浅田舞 (C)ORICON NewS inc.
  • 集まったファンとお酒で乾杯した浅田舞 (C)ORICON NewS inc.

オリコントピックス