• ホーム
  • 映画
  • “59歳”竹中直人「老眼鏡ないと生けていけない」

“59歳”竹中直人「老眼鏡ないと生けていけない」

 俳優の竹中直人(59)が19日、都内で行われた映画『誘拐の掟』(30日公開)公開記念イベントに出席した。同作で主演を務めるリーアム・ニーソン(62)のファンだという竹中は、存在感に憧れを語りつつ「ただ一つね、62歳なのに(劇中で)老眼鏡かけていないのが納得いかなかった」とツッコミ。「俺なんてもう老眼鏡ないと生きていけないですから。なんでかけてないんだ、このやろう!」と冗談めかして笑いを誘った。

【写真】その他の写真を見る


 続けて「映画のなかでは細かい字も老眼鏡をかけていなかった。62歳なのに髪の毛もあるし…」と不満が止まらなかったが、同席したタレントのおのののか(23)から「『老眼鏡がないと見えない』って、目を細めている男性はかわいいなって思います」とフォローされ、照れ笑いを浮かべていた。

 同作は、ローレンス・ブロックのミステリーを映画化。引退した敏腕刑事が、猟奇殺人犯と激しい頭脳戦を繰り広げる姿を描いたサスペンス。

YouTube公式チャンネル「オリコン芸能ニュース」



関連写真

  • 「老眼鏡がないと生きていけない」と明かした竹中直人(C)ORICON NewS inc.
  • おのののか(左)を口説こうと交渉中の竹中直人(右)(C)ORICON NewS inc.
  • 映画『誘拐の掟』公開記念イベントに出席したおのののか(C)ORICON NewS inc.
  • 映画『誘拐の掟』公開記念イベントに出席した(左から)おのののか、竹中直人(C)ORICON NewS inc.
  • 映画『誘拐の掟』公開記念イベントに出席したおのののか(C)ORICON NewS inc.

オリコントピックス