• ホーム
  • 映画
  • 真壁刀義、ほろ苦声優デビュー ダメ出しに平謝り

真壁刀義、ほろ苦声優デビュー ダメ出しに平謝り

 新日本プロレスの真壁刀義が18日、都内で開かれた映画『マッドマックス 怒りのデス・ロード』吹替えアフレコイベントに出席。今作では“強靭(きょうじん)な肉体を誇る悪役”として声優に初挑戦したが、慣れないアフレコに悪戦苦闘した。

【写真】その他の写真を見る


 キャッチフレーズが“暴走キングコング”の真壁だが、初のアフレコに緊張の表情を見せる。始まってからも「動きが足りない。“暴走キングコング”って感じがしなかった」とディレクターから厳しい指摘を受け、「すみません」と平謝り。リング同様の大暴れはできなかったが、「新しい刺激で、すごい楽しかった」と満面の笑みで感想を語っていた。

 現在、日本テレビ系情報番組『スッキリ!!』(月〜金 前8:00)で“スイーツ真壁”として活躍しているが、報道陣からの「スイーツを食べる場面は、ないんですか?」との投げかけには、「あるわけないよね。こんな悪い奴がスイーツ食べるわけない」とすぐさまツッコミ、笑いを誘った。

 同作は、元・警官のマックスが主人公。彼と仲間たちが、恐怖と暴力で民衆を支配するジョー軍団と壮絶なカーチェイスを繰り広げるアクション作品となっている。6月20日より公開。



関連写真

  • ほろ苦声優デビューを果たした真壁刀義 (C)ORICON NewS inc.
  • 真剣な表情でアフレコに臨む真壁刀義(C)2015 VILLAGE ROADSHOW FILMS (BVI) LIMITED
  • 映画『マッドマックス 怒りのデス・ロード』吹替えアフレコイベントに出席した真壁刀義(C)2015 VILLAGE ROADSHOW FILMS (BVI) LIMITED

オリコントピックス