松本人志、“高額”会員制SNSに持論

 お笑いコンビ・ダウンタウンの松本人志(51)が、17日放送のフジテレビ系『ワイドナショー』(毎週日曜 前10:00)に出演。米大リーグ・レンジャーズのダルビッシュ有投手(28)や、野球解説者でタレントのパンチ佐藤(50)が“高額”な月額会費を設定して話題になっている会員制SNS「athlete club」について持論を語った。

 ゲストの野球解説者、長嶋一茂(49)は「野球選手はグラウンドで勇姿を見せる必要がある」、サッカー解説者の前園真聖(41)も「現場で子どもたちに教えたほうがいい」と、元プロスポーツ選手の二人は同サービスに否定的な見解。

 そんな中、松本は「こないだ企画会議をやって、毎月1000円で松本から面白いものが送られてくるっていうのを考えた」と公表。ただ、「商売のにおいがしてしまって、松本ってお金儲けしたいのかと(思われる)」との理由から一旦、保留したことを明かした。

 一方で松本は、同サービスがあくまで会員制であることから、「いやな人は入らなければいい」とし、「餃子の王将が大好きで行くけど、いつも混んでいる。でも、僕にしたらギョーザ1000円でも食べたい」と持論。料金が高いか安いかは結局、情報を求める側の判断による、との見方を示した。

 同サービスをめぐっては、パンチ佐藤が10万円、ダルビッシュが1万1000円の月額料金を設定したことが話題に。ダルビッシュは自身のツイッターで「自分の持っているノウハウなどを満遍なく出していく」とそのクオリティーに自信を見せている。



オリコントピックス