• ホーム
  • 芸能
  • トレンディエンジェル・斎藤、『IPPONグランプリ』出場権獲得

トレンディエンジェル・斎藤、『IPPONグランプリ』出場権獲得

 昨年開催された『THE MANZAI 2014』の決勝に進出したお笑いコンビ・トレンディエンジェルの斎藤司が16日、フジテレビ系で放送された『IPPONスカウト』で優勝し、23日放送の『IPPONグランプリ』(後9:00)への出場権を初めて獲得した。

 今回で13回目を迎える『IPPONグランプリ』は、大会チェアマンに松本人志(ダウンタウン)を迎え、大喜利が好きな10名の芸人が、シンプルに大喜利のみを行い、勝者を決めるバラエティー番組。事前番組の『IPPONスカウト』は、全国にまだまだいるはずの大喜利が得意な芸人を発掘するプロジェクトで、エントリーした全国1508人の芸人を対象に、ペーパーテストを実施した。

 テストには、八木真澄(サバンナ)、篠宮暁(オジンオズボーン)、村本大輔(ウーマンラッシュアワー)、じろう(シソンヌ)、小宮浩信(三四郎)、厚切りジェイソンなどの人気お笑い芸人、さらにはタレントの板東英二も参加。その中から優秀な回答を出した児嶋一哉(アンジャッシュ)、レイザーラモンRG(レイザーラモン)、五明拓弥(グランジ)、久保田和靖(とろサーモン)、川原克己(天竺鼠)、そして斎藤の6人が、スタジオで競いあった。

 激戦を制し、見事に本戦出場を勝ち取った斎藤は、「全員先輩の方々でしたし、皆さん本当にウケていたので、“まさか!”という思いでした」と驚きを隠せない様子。収録前は「正直、“大喜利”に対する自信が本当になかった」ものの、「お客さんも温かったですし、他の方々とも楽しく大喜利をやることができました。収録後は、他の出演者の皆さんと“楽しかったね”と話していました」と振り返った。

 本戦『IPPONグランプリ』の出場者も発表。Aブロックは、バカリズム、堀内健(ネプチューン)、徳井義実(チュートリアル)、板尾創路、狩野英孝の5人が顔をそろえる。Bブロックは、博多大吉(博多華丸・大吉)、若林正恭(オードリー)、秋山竜次(ロバート)、千原ジュニア(千原兄弟)、斎藤の5人が登場した。

 本戦に向け、斎藤は、「『IPPONスカウト』を勝ち抜いた勢いに乗って、ジュニアさんやバカリズムさんのような“大喜利力”ではなく、“エンタテインメント力”で勝負ができたらと思っています(笑)。自分自身で上げたハードルをくぐり抜けていく姿をぜひ見てほしいです」と、意気込みを語った。



関連写真

  • 『IPPONスカウト』を勝ち抜いたトレンディエンジェル斎藤司
  • 『IPPONスカウト』の模様(左から)斎藤司、児嶋一哉

オリコントピックス