• ホーム
  • 映画
  • 広瀬すず、カンヌで感激「ここにいれて幸せ」 “四姉妹”映画祭で笑顔

広瀬すず、カンヌで感激「ここにいれて幸せ」 “四姉妹”映画祭で笑顔

 女優の綾瀬はるか長澤まさみ夏帆広瀬すずが現地時間14日、フランスで開幕した『第68回カンヌ国際映画祭』コンペティション部門出品作『海街diary』公式上映前のレッドカーペットに、是枝裕和監督とともに出席した。

【写真】その他の写真を見る


 美しいドレス姿で映画祭に花を添えた4人。綾瀬はスパンコールをあしらった花柄の白のドレス、長澤はスタイルのよさを活かしたタイトな淡い紫色のドレス、夏帆は色鮮やかなプリントのボリュームスカートがポイントのドレス、広瀬は淡い水色の清楚なドレスに身を包み登場し、世界から集まったスチールカメラマンたちの前で笑顔で応えた。

 上映後の囲み取材で広瀬は「海外の方にこういった作品を観ていただいて、最後に大きな拍手をたくさん頂いて、あらためて、お姉ちゃんたちと一緒にお芝居ができたことがすごく、その作品が海外でたくさんの人に観ていただけて、ここにいれて幸せだなと思いました」と感激。夏帆は「本当に貴重な体験をさせていただいた。夢のような体験。皆さんの反応が温かくて、すごく素敵な上映だったなと思いました」と語った。

 長澤は「たくさんの人の心に何かが届いたのかなと思って、すごくうれしかったし、監督に感謝しています。ありがとうございました」と伝え、綾瀬は「たくさんの拍手を温かくしてくださって、すごくうれしかったです」と満面の笑みを浮かべた。

 同映画は、『月刊フラワーズ』(小学館)で連載中の吉田秋生氏による人気コミックが原作。鎌倉に住む三姉妹が、家庭を壊した父の忘れ形見である“異母妹”の四女・すず(広瀬)を引き取り、それぞれ複雑な思いを抱えながらも家族の絆を育む姿を描く。6月13日より全国で公開。



関連写真

  • 『海街diary』公式上映前のレッドカーペットに出席した(左から)夏帆、綾瀬はるか、広瀬すず、長澤まさみ、是枝裕和監督
  • 『海街diary』公式上映前のレッドカーペットに出席した(左から)夏帆、綾瀬はるか、広瀬すず、長澤まさみ

オリコントピックス