• ホーム
  • 音楽
  • イケメンYouTuberうみくん、“直談判”で『JAPAN EXPO』公式レポーターに

イケメンYouTuberうみくん、“直談判”で『JAPAN EXPO』公式レポーターに

 YouTuberで歌手のうみくんが、フランス・パリで行われる『JAPAN EXPO(ジャパンエキスポ)』(7月2〜5日)のオフィシャルレポーターに起用された。

 今年16回目を迎える『JAPAN EXPO』は、日本の伝統文化からポップカルチャーまでをさまざまな側面から紹介するイベント。昨年は来場者が24万人を超す規模となっており、過去にはきゃりーぱみゅぱみゅ、ももいろクローバーZ、昨年はX JAPANのリーダー・YOSHIKI、ふなっしーらがゲスト出演している。

 公式レポーターに起用されたうみくんは、ニコニコ動画やYouTubeに大ヒット映画『アナと雪の女王』の主題歌「Let It Go〜ありのままで〜」、クマムシの「あったかいんだからぁ♪」のカバーやアニメのなりきりコスプレなどを投稿するYouTuber。一方で、東京音楽大学声楽科を卒業し、教員免許を持つ本格派アーティストの一面もあり、今年2月にはオリジナル曲「ありがとう またね」で配信デビューもしている。

 『JAPAN EXPO』に出演したいと考えたうみくんは、アポイントも取らずに事務局に出向き、直接交渉。まったく相手にされず門前払いを食らい続けたが、熱意に負けた事務局のスタッフが、うみくんがYouTubeなどにアップしてきた動画を見て興味を抱き、公式レポーターの大役を逆オファーした。

 YouTuberらしく、アポなしで事務局に乗り込み、オーディションを受ける姿などを自撮りしたチャレンジ動画『Japan Expo に行きたい!!』を毎週YouTubeにアップ中。この動画がTOKYO MXの番組プロデューサーの目に留まり、今月11日から『うみくんのジャパンエキスポへの道』(毎週月曜 深1:35)として地上波で放送される“副産物”も生まれている。



オリコントピックス