• ホーム
  • 芸能
  • NHKで突如始まった謎のミニ番組『タモリと鶴瓶』 第2回ゲストは有働アナ

NHKで突如始まった謎のミニ番組『タモリと鶴瓶』 第2回ゲストは有働アナ

 「NHK広報局」のツイッターアカウントで告知され、突然始まった謎の番組『タモリと鶴瓶』。目ざとく見つけたネットユーザーの間で「中身も謎」「不思議な放送時間」と話題になっている。そんな中、「その2」の放送が決定。ゲストは同局の有働由美子アナウンサーで、18日午後2時50分から5分間放送される(リピートあり)。

 公式サイトには、「タモリと笑福亭鶴瓶のコラボ企画。毎回ゲストを迎えて、タモリと鶴瓶がNHK放送センター内で繰り広げるすれ違いミニドラマ」と説明。今月9日午前2時10分から放送された「その1」には、同局の連続テレビ小説『まれ』に出演中の大泉洋がゲスト出演した。

 二人が同局で持っている冠番組『ブラタモリ』(毎週土曜 後7:30)、『鶴瓶の家族に乾杯』(毎週月曜 後8:00)の“番宣”という側面がないわけでもないが、何せ5分番組。「その1」では、『ブラタモリ』の打ち合わせのためNHKにやって来たタモリが、大泉と『まれ』の楽屋ロビーで出会い、鶴瓶への謎の伝言を託す。その直後、『鶴瓶の家族に乾杯』のスタジオ収録を終えた鶴瓶が楽屋ロビーにやって来て…という展開で、それなりに見応えがあった。

 同局に問い合わせたところ、番組と番組の合間に挿入される「ミニ番組」の一つとのこと。放送日時は決まり次第、公式サイトに随時掲載していく。反響が高まれば、リピート放送の回数が増えるかもしれない。

 「その2」では、エレベーターを待っていた有働アナが、エレベーターから降りてきたタモリと鉢合わせし、そこで、鶴瓶への謎の伝言を託される。有働アナがエレベーターに乗り、別のフロアで降りると、そこには、鶴瓶がいて…。すれ違うタモリと鶴瓶をゲストがつなぐ、はっきりした目的があるようで大した意味はなさそうな、でもなんとなく面白い番組になっていきそうだ。

■公式サイト
http://www4.nhk.or.jp/P3576/



オリコントピックス