• ホーム
  • 映画
  • 実写映画『シンデレラ』3週連続1位、興収33億円突破のヒット作に

実写映画『シンデレラ』3週連続1位、興収33億円突破のヒット作に

 ディズニーの実写映画『シンデレラ』が、全国映画動員ランキングトップ10(興行通信社調べ、対象日:5月9日・10日)で3週連続1位を獲得。4月25日の封切りから5月10日までの累計で動員数は約267万人、興行収入は約33億8122万円を突破したことがわかった。

 同作は、古くから語り・読み継がれてきた童話をベースに、シンデレラが小さな勇気から大きな幸せをつかんでいく物語。女性の憧れのすべてがつまった世界観を絢爛(けんらん)豪華なセットと衣装、ディズニースタジオの総力を結集して実写映像化した。同時上映作品として、昨年、大ヒットした『アナと雪の女王』の続編となる短編『エルサのサプライズ』がもれなく観られるお得な一本。

 映画に関連して、ディズニーストアで販売されているグッズのみならず、同作のために作られたオリジナルシューズや、アパレルブランドをはじめ、アクセサリー、電報、化粧品、飲料など数々のタイアップ商品も売れ行きも好調という。

 昨年30億を突破した洋画作品は、『アナと雪の女王』(最終興収254.8億円)、『マレフィセント』(同65.4億円)、『GODZILLA ゴジラ』(同32億円)、『アメイジング・スパイダーマン2』(同31.4億円)の4作品のみ。今年公開の洋画作品では1位のオープニング成績(初日2日間で5億5610万8800円)をあげ、公開3週目で33億円を突破した『シンデレラ』の勢いがどこまで続くか、注目だ。



オリコントピックス