• ホーム
  • 映画
  • 生田斗真、自炊は卒業「むなしくなって…」

生田斗真、自炊は卒業「むなしくなって…」

 俳優の生田斗真が12日、都内で行われた主演映画『予告犯』(6月6日公開)男だらけの“予告飯”クッキングイベントに出席した。タイトルの“犯”と“飯”をかけ、共演の鈴木亮平濱田岳荒川良々と、本格キーマカレー作りに挑戦。普段は料理をしないという生田だが、その理由を「自分のために買い物行って、作って、食べて、食器洗ってたらむなしくなって。自炊は卒業しました」と苦笑いで明かした。

【写真】その他の写真を見る


 続けて「一人暮らしだと余っちゃうし、次の日も同じものを食べなきゃだし、ちゃんと一人前残ってなくて、そういうのが嫌で」と自炊卒業に至った心境を説明。昔の得意料理は「玉子焼き」と紹介し「梅干しいれたりとか…。うちの家庭は玉子焼きが好きで、いろいろ変わり種を作ってた」とこだわりを語った。

 イベントでは、おそろいのエプロンを着用した4人が切る・炒めるなど行程ごとに交代で調理。悪戦苦闘の末、なんとか完成させた自信作を実食した生田は「おいしいし、楽しかったけど、やっぱり女の子に作ってもらいたい…」とポツリ。この日のイベントには出席しなかったヒロイン役の戸田恵梨香の名前を挙げ、「戸田さんが作ってくれたら最高だった」と正直に明かし、笑いを誘っていた。

 同作は、筒井哲也氏による同名漫画(集英社刊)が原作。警察や法律で裁けない人間たちの罪を暴露し、独自の制裁を与える新聞紙製の頭巾を被った男たち、通称“シンブンシ”と、警視庁のエリート捜査官・吉野(戸田)の頭脳戦を描く。



関連写真

  • 生田斗真とともにキーマカレー作りに挑戦した(左から)鈴木亮平、濱田岳 (C)ORICON NewS inc.
  • 映画『予告犯』男だらけの“予告飯”クッキングイベントに出席した荒川良々(C)ORICON NewS inc.
  • 映画『予告犯』男だらけの“予告飯”クッキングイベントに出席した濱田岳(C)ORICON NewS inc.
  • 映画『予告犯』男だらけの“予告飯”クッキングイベントに出席した鈴木亮平(C)ORICON NewS inc.

オリコントピックス