• ホーム
  • 芸能
  • 『ホリプロTSC』40回目で初の試み 応募形式など変更へ

『ホリプロTSC』40回目で初の試み 応募形式など変更へ

 深田恭子(32)、綾瀬はるか(30)、石原さとみ(28)、足立梨花(22)、小島瑠璃子(21)らを輩出した『ホリプロタレントスカウトキャラバン』(TSC)が第40回目を迎え、今年は『#Kawaii』と題して“かわいいを発信できる女の子”を全世界から募集することが12日、わかった。募集期間は15日午後3時から6月7日午後11時59分まで。

 これまで、履歴書やハガキを送付する応募形式だったが、今回はTSC初の試みとして、世界初のソーシャルスター発掘オーディションサービス『NEXT STAR』を活用。今までにはないソーシャルメディアによるスマートデバイスから応募〜投票審査〜結果発表までワンストップでリアルなスター候補を選出できるサービスによるオーディションを開催する。

 これに伴い、応募方法もLINE、ツイッター、フェイスブックの専用アカウントいずれかで『NEXT STAR』をフォロー(無料)するだけ。応募資格は中学3年生から22歳までの女性で国籍不問。エントリー後の審査スケジュールは6月上旬に一次審査、7月下旬に地方予選、8月下旬に代表者合宿。そして9月下旬に決勝大会が行われる予定となる。

 グランプリには、ホリプロとの専属契約ならびに賞金100万円(推薦者50万円)。そのほか、『ヤングマガジン』(講談社)や『Ray』(主婦の友社)でモデルデビュー、カラコン『ナチュラリ』年間広告契約、テレビ番組をはじめ、CM、WEBなど多数出演機会が提供される。詳細はホリプロ公式サイト(http://www.horipro.co.jp)



オリコントピックス