• ホーム
  • 芸能
  • 広瀬アリスが恋愛ドラマ初主演 男の理想“妄想彼女”役に挑戦

広瀬アリスが恋愛ドラマ初主演 男の理想“妄想彼女”役に挑戦

 女優の広瀬アリスが23日スタートのフジテレビ系『妄想彼女』(毎週土曜 後11:40〜深0:05※全4話)で恋愛ドラマ初主演を果たすことが12日、明らかになった。俳優の浅利陽介演じる、恋愛経験ゼロのダメ男の思い通りに行動する“妄想彼女”役で、広瀬は「男の子の理想の女の子という役で、不安ばかりですが、楽しい作品になるよう、気合を入れて頑張ります」と意気込みを語っている。

 原作は「ひとりデートマスター」の地主恵亮氏が、実在しない架空の彼女との出会いから結婚、出産までを一人で撮影したデート写真を紹介しながら、空想の生活を描いた完全妄想恋愛小説『妄想彼女』。

 同氏は、英ガーディアン紙が選ぶ「世界で最も気持ち悪い男ランキング」で1位になったことでも知られる。

 ドラマは、広瀬演じる“妄想彼女”はるとの生活をSNSに投稿していた彼女いない歴28年のさえない男・圭祐(浅利)のもとにある日突然、理想の彼女・はるが現れる。はるはなぜか、圭祐の妄想通りに行動してくれ、 奇跡のような展開に慌てふためく圭祐だが徐々に「恋」の味を知り…という、現実と妄想が入り交じる恋愛ファンタジー。

 「恋愛ドラマ初主演ということで、自分自身経験値が低く、どうして良いか正直わかりません」と戸惑いを隠せない広瀬だが、「はるちゃんは、女子力がとても高く、とにかく明るい完璧な女の子で、普段の自分よりテンションを上げて演じたいです」と気合は十分。

 「誰もが一度はしたことのある妄想が現実となる物語なので、ある意味夢がたくさんつまっていると思います」とコメントした。

 浅利も「正直主演ということで少し緊張していますが、とにかく、面白い作品を作ろうと思ってます。初めましての広瀬アリスさんとご一緒できるということで楽しみでもあります。二人で『妄想彼女』の世界を作り、結果どうなるか?! ということを考えるとちょっとドキドキしていますが、あくまで前向きに頑張っていきます」と意気込んでいる。



オリコントピックス