• ホーム
  • 音楽
  • 福山雅治、昆虫ドキュメンタリー主題歌に新録「蜜柑色の夏休み」を提供

福山雅治、昆虫ドキュメンタリー主題歌に新録「蜜柑色の夏休み」を提供

 歌手・福山雅治の曲「蜜柑色の夏休み 2015」が、3D昆虫ドキュメンタリー映画『アリのままでいたい』(7月11日公開)の主題歌に決定した。「蜜柑色の夏休み」は、2001年に発売されたアルバム『f』に収録されている曲。歌詞にはカブトムシやクワガタなどが登場し、福山自身が故郷・長崎で過ごした子どもの頃の夏休みの思い出が綴られている。福山は歌を新たにレコーディングし、曲を“リノベーション”。「僕自身も子どもの頃、地元長崎で蝉やクワガタ、カブトムシなどをつかまえて遊んでいたことを思い出します。自然の厳しさと美しさをこの映画で感じていただけたら」とコメントしている。

【写真】その他の写真を見る


 同作は、未だに多くの謎に包まれている昆虫の生態=真実を、世界唯一の特殊カメラ“アリの目カメラ”で映し出すドキュメンタリー。長崎県在住の昆虫写真家・栗林慧氏の悲願の映画でもあった。

 そして、同作の主題歌には、栗林氏と同郷である福山が故郷・長崎の情景を綴った「蜜柑色の夏休み」の世界観が物語にピッタリということで白羽の矢が立った。オファーを快諾した福山は、改めてスタジオに入り歌を新たにレコーディングし、同作のために「蜜柑色の夏休み 2015」を完成させた。福山のコメントは以下の通り。

【福山雅治コメント全文】
 写真家栗林慧さんと僕が同郷だということ、そしてNHKの自然番組に出演していることを知ってくださっていた映画制作スタッフより、ぜひ主題歌として「蜜柑色の夏休み」を! とオファーをいただきまして、今回楽曲提供させていただくことになりました。

 歌の舞台は、僕が小学生だった頃の長崎。ある夏休みの1日、電車に乗って祖母の家に遊びにいく風景を歌った楽曲で、まさに「夏休みの日記」といった感じです。

 15年近く前の楽曲でもあったので、今回歌は新たにレコーディングしました。楽器もダビングして、MIXも新たに行いました。基本のアレンジは変えていないので、建築で言えば“リノベーション”という感じでしょうか。新たに生まれ変わった「蜜柑色の夏休み 2015」を楽しんでいただけたら幸いです。

 この映画は、僕自身も子どもの頃、地元長崎で蝉やクワガタ、カブトムシなどをつかまえて遊んでいたことを思い出します。長崎の自然、そこで繰り広げられる生き物たちの生命の物語り。自然の厳しさと美しさを、この映画で感じていただけたら。



関連写真

  • 15年前の曲を“リノベーション”して「蜜柑色の夏休み 2015」を完成させた福山雅治
  • 3D昆虫ドキュメンタリー映画『アリのままでいたい』メイキング
  • 3D昆虫ドキュメンタリー映画『アリのままでいたい』メイキング

オリコントピックス