• ホーム
  • 音楽
  • 【AKB大運動会】ぱるるら罰ゲームで撤収作業

【AKB大運動会】ぱるるら罰ゲームで撤収作業

 AKB48が9日、東京・有明コロシアムで『第2回AKB48大運動会』を開催した。同イベントが行われるのは2009年10月以来、5年半ぶり。3月の「春の人事異動」で発表された5チーム対抗戦で行われ、最下位は横山由依がキャプテンを務めるチームAに決定。罰ゲームは「チーム全員で会場の撤収作業」と予告されていたことから、島崎遥香らメンバーは黙々とチーム8の優勝を祝った大量の金のテープを拾い始め、会場を沸かせた。

【写真】その他の写真を見る


 チームBと最下位争いを繰り広げていたチームAは、全員参加の大縄跳びで宮脇咲良と入山杏奈が棒立ちのまま足を引っ掛け、まさかの「2回」という結果に。30メートル走やチーム対抗リレーでも宮脇が独特の走法と足の遅さで笑いをもたらしたほか、持久走で最下位の宮崎美穂を一致団結で応援。アームレスリングでは大家志津香が山本彩(チームK)を決勝で下して1位になるなど、常に話題の中心だった。

 障害物競争で中西智代梨の二人三脚のパートナーを務めた島崎は、中西を引っぱるほどの勢いでやる気を見せた。惜しくも2位に終わり、島崎は「AKBに入って初めて悔しい」と本音をポロリ。横山は「めったに見られないぱるる(島崎)の本気が見られた」と喜んでいた。

 観客や関係者が退場した閑散とした会場で、改めてチームAの罰ゲームを敢行。“大活躍”だった宮脇らメンバーは、力を合わせて後片付けをし、結束を深めていた。



関連写真

  • 『第2回AKB48大運動会』罰ゲームで撤収作業をしたチームAの島崎遥香 (C)AKS
  • 『第2回AKB48大運動会』罰ゲームで撤収作業をしたチームAの宮脇咲良 (C)AKS
  • 『第2回AKB48大運動会』罰ゲームで撤収作業をしたチームAの横山由依 (C)AKS
  • 『第2回AKB48大運動会』罰ゲームで撤収作業をしたチームA (C)AKS
  • 『第2回AKB48大運動会』罰ゲームで撤収作業をしたチームA (C)AKS

オリコントピックス