斎藤工、幼少期は「犬に育てられた」

 俳優の斎藤工が9日、都内で行われた映画『小さな世界のワンダーランド』初日舞台あいさつに出席。今回、ネイチャー・ドキュメンタリーである同作で日本語ナレーションを担当した斎藤は、動物に助けられた幼少期のエピソードを披露した。

 自身も幼少期から犬や猫、亀や昆虫を飼っていたといい「姉が言ってたんですけど、僕が0歳くらいの時、ベランダから落ちそうになったことがあって、飼っていた犬が洋服の首元をくわえて寝床に戻してくれた」と驚きの体験を告白。愛犬に命を助けられた斎藤は、「犬に育てられました。『もののけ姫』は他人ごとではありません」と茶目っ気たっぷりに明かした。

 この日は、観客の子どもたちから寄せられた質問に斎藤が“先生”となって回答するコーナーも。「映画に出てきたシマリスは、口の中にどんぐりがいくつ入る?」「斎藤さんは動物でなにが一番好き?」など尋ねられると「かわいいですね〜」とメロメロ。「もっとパンチのある質問をされるかと…(貯金の)残高とか」と笑わせつつも、頬をゆるませていた。

 同作は、『アース』『ライフ−いのちをつなぐ物語−』などを手がけたBBCアースが、ピクサー・スタジオの協力を得て製作。かねてから声の仕事に興味があった斎藤は「声の仕事と映画作ることだけでやっていきたい」と本音をチラリ。「プロの声優さんとお仕事をするたびに、スキルのなさを感じていたんですけど、ただうまい下手じゃないと開き直って、せっかく大役をいただいたので自分らしく表現したいと思った」と手応えをにじませた。

YouTube公式チャンネル「オリコン芸能ニュース」



関連写真

  • 斎藤工 (C)ORICON NewS inc.
  • 映画『小さな世界のワンダーランド』初日舞台あいさつに出席した斎藤工 (C)ORICON NewS inc.
  • 映画『小さな世界のワンダーランド』初日舞台あいさつに出席した斎藤工 (C)ORICON NewS inc.

オリコントピックス