• ホーム
  • 芸能
  • 園芸家の柳生真吾さんが死去 47歳 NHK『趣味の園芸』に出演

園芸家の柳生真吾さんが死去 47歳 NHK『趣味の園芸』に出演

 俳優・柳生博(78)の長男で、園芸家の柳生真吾(やぎゅう・しんご)さんが2日、咽頭がんのため甲府市内の病院で亡くなった。47歳だった。真吾さんの弟で、レストラン併設のアートギャラリー『八ヶ岳倶楽部』(山梨県北杜市)店長の柳生宗助さんが8日、公式サイトを通じて報告した。

 「皆さまに悲しいご報告をしなくてはなりません。去る5月2日、八ヶ岳倶楽部の代表であり、私の兄である柳生真吾が咽頭がんのために生涯を閉じました。享年47歳でした」と報告。「昨日5月7日に静かな雰囲気の中で、家族葬を執り行いました。そのため、皆さまにご報告が遅れたことを深くお詫び申し上げます。皆さまには生前大変お世話になり、心より感謝しております。ありがとうございました」と謝辞をつづった。

 真吾さんは東京都出身。玉川大学農学部卒業し、NHK『趣味の園芸』のキャスターを務めた。18日午後1時から八ヶ岳倶楽部で『お別れ会』が営まれる。



オリコントピックス