• ホーム
  • 映画
  • 大型連休中にヒットした映画は? シンデレラが2週連続首位

大型連休中にヒットした映画は? シンデレラが2週連続首位

 大型連休中の5月第1週の全国映画動員ランキングトップ10(興行通信社調べ、対象日:5月2日・3日)は、ディズニーの実写映画『シンデレラ』が2週連続で首位を獲得。土日2日間で、動員38万6129人、興行収入5億1195万7900円をあげ、6日までに累計動員230万人、累計興収29億円を突破した。

 2位はアニメ映画『名探偵コナン 業火の向日葵』(3週目)で、累計動員282万人、累計興収35億円を超えた。3位はアニメ映画『ドラゴンボールZ 復活の「F」』(3週目)で、累計動員236万人、累計興収31億円に達し、前作『ドラゴンボールZ 神と神』(2013年)の最終興収29.9億円を上回るヒットを記録している。

 4位には、今月1日に全国285スクリーンで封切られた女優・有村架純主演の『映画 ビリギャル』が初登場。学習塾の塾長を務める坪田信貴氏が著したベストセラーを原作に、学年ビリの女子高生が偏差値を40上げ、現役で慶応義塾大学に合格した奇跡の実話を綴った青春ドラマ。土日2日間で動員22万4845人、興収2億8511万3000円をあげた。

 5位は『映画クレヨンしんちゃん オラの引越し物語〜サボテン大襲撃〜』(3週目)。6位は『ワイルド・スピード SKY MISSION』(3週目)で、興収20億円突破を達成。前作『ワイルド・スピード EURO MISSION』が37日目で稼ぎ出した最終成績20.4億円を、公開16日目の5月2日に抜き去った。

 7位は山崎貴監督の『寄生獣 完結編』(2週目)、8位は北野武監督の『龍三と七人の子分たち』(2週目)、9位はウィル・スミスが天才詐欺師に扮する『フォーカス』(1週目)。10位は全国36スクリーンで公開された『コードギアス 亡国のアキト/第3章 輝くもの天より堕つ』が初登場。SFアニメ『コードギアス 反逆のルルーシュ』と世界を同じくするスピンオフ作品。



関連写真

  • 実写化された映画『シンデレラ』が初登場から2週連続首位をキープ(C)2015Disney Enterprises, Inc. All Rights Reserved.
  • 全国36スクリーンで公開された『コードギアス 亡国のアキト/第3章 輝くもの天より堕つ』が初登場10位に滑り込んだ(C)SUNRISE/PROJECT G-AKITO Character Design (C)2006-2011 CLAMP・ST

オリコントピックス