• ホーム
  • 映画
  • 『ガンバ』24年ぶり3DCG映画で復活 “ALWAYS”スタッフ集結、打倒ピクサー

『ガンバ』24年ぶり3DCG映画で復活 “ALWAYS”スタッフ集結、打倒ピクサー

 1975年に放送された人気アニメ『ガンバの冒険』が、映画『ガンバとカワウソの冒険』(1991年)以来、24年ぶりに3DCGでスクリーンに復活することが7日、わかった。児童小説の名作『冒険者たち ガンバと15ひきの仲間』を原作に、脚本家の古沢良太氏(『相棒』『リーガルハイ』)が初のアニメーション脚本に挑戦。『GAMBA ガンバと仲間たち』として10月10日に公開される。声優はキャスティング中だが、テレビアニメ作品での声優の出演も検討されているという。

 同作は、『ALWAYS 三丁目の夕日』シリーズや『永遠の0』のVFX、『STAND BY ME ドラえもん』の卓越した3DCGアニメーションなどで世界中から高い評価を受ける映像製作会社・白組が、有する映像技術の総力を結集させる、構想15年、製作期間10年、総製作費20億円の一大プロジェクト。製作委員会は設けず、同社の単独事業として「3DCGでこれ以上ピクサーに遅れをとることはできない」(島村達雄社長)と企画が進められてきた。

 物語は、小さなネズミたちが力を合せて巨大な敵に立ち向かう原作小説の壮大な冒険ストーリーの骨格はそのままに、原作の15匹のうちの一部は合体したオリジナルのキャラクターになり、ガンバ、ボーボ、ヨイショらはそのまま登場する。初のアニメ作品を手がける古沢による脚本は「セリフのやりとりに重点を置きながらも、ガンバたちの躍動感あふれる芝居がある、『ドラえもん』ともピクサー作品とも違う“ガンバ・テイスト”になっている」(小森啓裕監督)という。

 製作スタッフは、脚本の古沢のほか、企画・総監督を白組副社長の小川洋一氏、監督は3DCGアニメーション『うっかりペネロペ』の河村友宏氏と、PS2用ソフト『Rule of Rose』などを手がけた小森氏が共同で務める。エグゼクティブ・プロデューサーには、『スパイダーマン』『アイアンマン』『X−MEN』のプロデューサーとして知られ、日本のアニメやマンガにも精通しているアヴィ・アラッド氏。北米公開を視野にハリウッドの“ヒットさせるための視点”も作品に取り込まれている。

 一方、ピクサー作品を意識しながらも日本オリジナルの3DCGに強いこだわりをもって製作が進められてきた同作。小森監督は「日本人に受け入れられやすい感情表現や動物のかわいらしさなど、ピクサーと同じことはやるのではなく、日本オリジナルの良さを出したい」と力を込める。アヴィ氏によってポイントポイントで作品はシェイプアップされながらも、白組ならではの日本発3DCGアニメとして製作は現在、大詰めを迎えている。

 音楽は、第86回アカデミー賞作品賞ほか3冠に輝いた『それでも夜は明ける』へ楽曲を提供し、高い評価を得たベンジャミン・ウォルフィッシュが作曲を担当。同氏の指揮のもと、ビートルズが録音を行ったことでも知られる英・ロンドンのアビー・ロード・スタジオにて、フルオーケストラ演奏による音楽収録が行なわれた。



オリコントピックス