• ホーム
  • 芸能
  • 嵐、『VS嵐』で新曲「青空の下、キミのとなり」テレビ初歌唱

嵐、『VS嵐』で新曲「青空の下、キミのとなり」テレビ初歌唱

 きょう7日放送からフジテレビ系バラエティー『VS』(毎週木曜 後7:00)が、「いざ、NEXT STAGE」というコンセプトのもと、番組セット、ロゴなどをリニューアル。オープニングでは2008年の番組開始以来初となる、嵐の歌のパフォーマンスが披露されることになった。

 歌唱曲は、メンバーの相葉雅紀主演、同局系“月9”ドラマ『ようこそ、わが家へ』の主題歌であり、新曲の「青空の下、キミのとなり」(13日発売)。リーダーの大野智は「5月7日木曜から『VS嵐』が“いざ、NEXT STAGE”ということで、番組ロゴ、セットが変わり、さらに天の声さんも4代目に。そして、相葉ちゃんのドラマ主題歌『青空の下、キミのとなり』をテレビ初披露します。『VS嵐』が始まって7年の歴史の中で、初めて歌わせていただくことになりました。満天の星空が広がっているようなセットで、踊っていますので、番組冒頭からぜひ観て下さい。7年の歴史で初、放送は7日木曜夜7時からという、なんともラッキーな数字が並ぶのでお見逃しなく(笑)」とコメントを寄せている。

 大野が言うとおり、カラフルで元気いっぱいなアトラクション用のスタジオとは別に、星をちりばめたように無数の明かりが灯る大人っぽいデザインの歌唱用スペシャルステージが組まれ、嵐の“NEXT STAGE”を演出していく。



オリコントピックス