• ホーム
  • 芸能
  • “瓦割り女優”武田梨奈、意外と「ビビリです…」

“瓦割り女優”武田梨奈、意外と「ビビリです…」

 初主演ドラマ『ワカコ酒』(BSジャパンなど)の「広島グルメ編ディレクターズカット版DVD」の発売を20日に控える女優の武田梨奈が、いま“ニョキっ”ときている注目のタレントに迫るインタビュー番組『水曜のニョッキ』に登場した。

 同作は『月刊コミックゼノン』(ノース・スターズ・ピクチャーズ)で連載中の新久千映氏による「酒と食」をテーマにしたグルメ漫画を実写ドラマ化。武田は“酒呑みの舌”を持って生まれた26歳OLの主人公・ワカコを演じた。

 「1回の撮影で餃子を40個食べました」とけろりと話して驚かせた武田は、「この撮影で1ヶ月、5キロ太りました。撮影の最初と最後では顔の大きさが変わってる」と告白。空手二段の腕前を持つなど、引き締まったボディが印象的だが「この撮影のときは、けいこをしていなかったので“ムッチリ体形”でした」と照れながら話した。

 これまで、お酒は「たしなむ程度」だったという武田。「このドラマがきっかけで日本酒にハマりました」と語ると「赤提灯の昭和っぽいお店が好き」と意外な一面を明かし、プライベートに迫るQ&Aでは「真面目バカで、不器用」と自己分析した。

 また、「ビビリなんです、色んなことに関して…。何でも怖がってしまう」といい、代名詞の“瓦割り”も「最初は、怖くて無理だと思ってた」と漏らした。番組終盤には、MC・のーざからおなじみとなった“個性豊かな”似顔絵を披露された。気になる詳細は動画にて。

YouTube公式チャンネル「オリコン芸能ニュース」


オリコントピックス