• ホーム
  • 芸能
  • サム・スミス、のど不調で来日公演中止「声帯に深刻な問題」

サム・スミス、のど不調で来日公演中止「声帯に深刻な問題」

 米音楽界の権威『グラミー賞』で今年最多4冠を受賞した英歌手サム・スミス(22)が、のどの不調のため、7日と8日に東京・新木場スタジオコーストで予定していた、初の来日単独公演を中止することを4日、発表した。

 公式サイトでは「先月のオーストラリア公演をキャンセルし日本からツアーを再開する予定だったが、回復にもうしばらく時間がかかるという医師の診断を受け今回の決定に至った」と説明。ファンや関係者に向け「皆様には多大なご迷惑をおかけ致しますことを深くお詫び申し上げますと共に、サム・スミス本人の早期回復を心よりお祈り致します」と伝えている。

 また、サムもサイトを通じて「残念なニュースをお知らせしなければいけません。4日間声を休ませて回復を見込んでいた声帯にまだ深刻な問題があるとの診断を本日医師より受けました」とコメントし「これからアメリカにいる専門医のところで検査し治療をするため、公演を今年後半にリスケジュールせざるを得なくなりました。皆さんにお会いすることができず申し訳ない気持ちでいっぱいです。現状を理解していただき、近い将来に皆さんに会えることを祈っています」と呼びかけている。



オリコントピックス