渡辺麻友、主演ドラマのロケ地でMV撮影

 人気アイドルグループ・AKB48渡辺麻友が、関西テレビ・フジテレビ系ドラマ『戦う!書店ガール』(毎週火曜 後10:00)の撮影が行われている都内のジュンク堂吉祥寺店で、約2年ぶりとなるソロシングル「出逢いの続き」(6月10日発売)のミュージックビデオ(MV)の撮影を行なった。

【写真】その他の写真を見る


 同曲は、渡辺と稲森いずみのW主演で、老舗書店を舞台に20代と40代の世代も性格も全く違う二人が、ぶつかり合いながらも仕事や恋と果敢に戦う姿を描くドラマの主題歌。全4形態で発売されるシングルの初回生産限定盤B(CD+DVD)にドラマ特別Ver.のMVが特典映像として収録される。

 ドラマ特別Ver.のMVのテーマは、渡辺演じる北村亜紀が歌う「出逢いの続き」。本の整理をしたり、ポップ書きをしたり、残業をしている亜紀のイメージ映像と、立ち並んでいる本棚の間でリップシンクをする亜紀の2 つを織り交ぜた構成となっている。

 MVでは、書店内を真っ暗にしたり、歌いながら本棚の中を歩いたり、普段のドラマとは違った雰囲気の撮影を行ったため、渡辺自身も新鮮さを感じた様子。「いつもドラマ撮影をしているこの場所で、ミュージックビデオを撮れるなんて、とってもステキな事! ドラマとはまた一味違った北村亜紀の表情にご注目下さい!」と話している。

 ドラマ本編はあす5日に、第4話が放送。負傷した三田(千葉雄大)に代わりに、理子(稲森)から“こどもの日イベント”のリーダーに指名されて張り切る亜紀だったが、ひとりで暴走して総スカン。イベント前日にまさかの事態が発生してしまう。



関連写真

  • 渡辺麻友が歌う主題歌「出逢いの続き」ドラマVer.のMVをドラマ『戦う!書店ガール』のロケ地である書店で撮影
  • 渡辺麻友演じる北村亜紀が深夜残業しているストーリーが展開
  • MVの撮影風景
  • 渡辺麻友が歌う主題歌「出逢いの続き」ドラマVer.のMVをドラマ『戦う!書店ガール』のロケ地である書店で撮影

オリコントピックス