• ホーム
  • 芸能
  • ホルモン、ライブ活動休止前最後に“白T限定”イベント

ホルモン、ライブ活動休止前最後に“白T限定”イベント

 ロックバンド・マキシマム ザ ホルモンが、6月2日に地元の東京・八王子でライブ活動休止前最後のイベント『白い暴動 〜あの頃、僕らは白Tだった〜』を開催することが決まった。

 同バンドは3月にドラマーのナヲが妊活宣言し、今月末をもってライブ活動を休止すると発表。現在、全国ツアー『「封印」〜それでは皆さんマタニティ〜』を敢行中だが、同ツアー終了後の6月2日、八王子 Match Voxで活動休止前ラストライブが行われる。

 ライブ参加者全員が、ホルモンの白Tシャツを着て参戦するドレスコードを設定。ホルモンのTシャツといえば黒ボディが定番だが、結成間もない90年代後期は白Tシャツが主流だったことから、「あの頃の光景をもう一度…」と白Tシャツだらけのライブを蘇らせる。

 セットリストは、アルバム『耳噛じる』(2002年10月発売)〜『ロッキンポ殺し』(05年3月発売)までの曲しか演奏しないことが予告され、初期からの腹ペコ(マキシマム ザ ホルモンのファン)には涙もののレアイベントに。

 しかも、かつて販売された希少なTシャツで参加すれば、レア度によってチケット代割引などの優遇や特典がついた「えこひいき制度」を用意した。レア度の設定など詳細は公式サイトに掲載されている。



関連写真

  • 6月2日に地元・八王子でライブ活動休止前最後のイベントを行うマキシマム ザ ホルモン
  • ドレスコードは白T『白い暴動 〜あの頃、僕らは白Tだった〜』

オリコントピックス