水谷豊、おかっぱ頭の役衣装で登場

 俳優の水谷豊と子役の山田瑛瑠が5日、都内で行われた映画『王妃の館』こどもの日プレミアム舞台あいさつに出席した。

【写真】その他の写真を見る


 同作の主人公・北白川右京の衣装で登場した水谷は「パリ(での撮影)以来初めて着たので、控室で鏡を見たら『どうも、お久しぶりです』ってあいさつしてしまいました」とジョークを飛ばし笑いを誘った。

 山田も役衣装で登壇し、「初めての映画で緊張しました」とあいさつ。水谷も「緊張しています」と合わせて和ませた。二人は、撮影中に毎朝交わしたという”蝋人形のポーズ”でのあいさつを披露し、息の合ったコンビぶりを見せた。

 同作は、作家・浅田次郎氏の原作小説をもとに、新作執筆のためパリの一流ホテル「シャトー・ドゥ・ラ・レーヌ」(日本語で「王妃の館」の意)を訪れた北白川と個性豊かなツアー客の錯綜する人間模様を描く。

 山田は「大きなスクリーンで自分を映してくれた監督ってすごいな」と目を輝かせ、橋本一監督から「山田君の演技ではなく“目”で選びました」と起用理由を明かされると、「目だけで選んでくれてありがとうございます」と深々と頭を下げた。

 イベントでは、こどもの日にちなんで水谷らキャストから特製キャンデーのプレゼントが行われ、水谷は「毎年この日に思うんですが、子どもの笑顔と共に過ごしたい。良いこどもの日を」と笑みを浮かべていた。



関連写真

  • 北白川右京の衣装で登場した水谷豊 (C)ORICON NewS inc.
  • 息の合ったコンビぶりを見せた(左から)山田瑛瑠、水谷豊 (C)ORICON NewS inc.
  • 映画『王妃の館』こどもの日プレミアム舞台あいさつに出席した山田瑛瑠 (C)ORICON NewS inc.
  • 映画『王妃の館』こどもの日プレミアム舞台あいさつに出席した橋本一監督 (C)ORICON NewS inc.
  • 映画『王妃の館』こどもの日プレミアム舞台あいさつに出席した水谷豊(右) (C)ORICON NewS inc.

オリコントピックス