• ホーム
  • 芸能
  • ルー大柴、共演者からの感謝に照れ笑い「ホールがあったら入りたい」

ルー大柴、共演者からの感謝に照れ笑い「ホールがあったら入りたい」

 タレントで俳優のルー大柴が2日、あすから東京・恵比寿ザ・ガーデンルームで公演が始まる舞台『早春のニューヨーク〜あなたを忘れない〜』に先立ち、取材に応じた。主演女優の冴木杏奈は相手役を務めるルーを「シリアスと笑いをきっちり演じ分けていて素晴らしい。いつも空気を和ませてくれます」と絶賛。ルーは「ホール(穴)があったら入りたい」と照れ笑いを浮かべた。

【写真】その他の写真を見る


 稽古中、台本と違う“ルー語”で毎回、アドリブを連発している点については、軽くクレームが入った。芳賀優里亜は「(稽古の)最後の方はあらゆる言葉がルー語になっていった」と驚き、冴木も「笑っちゃいそうになるので、抑えるのが大変」と加勢したが、ルーは「オルモスト、ほとんど(台本と)一緒ですけどね」としたり顔でどこ吹く風。

 同作は、24年間、離れて暮らしていた母と娘がニューヨークで再会する物語。ルーは「シリアスと笑いがトゥゲザーしています。どうかみなさん足を運んでルックして」と呼びかけていた。この他、脚本の高梨由氏、人気漫画『女帝』『黒服物語』などの原作者で、製作総指揮を執った倉科遼氏も出席した。

 3日から6日まで東京・恵比寿ザ・ガーデンルーム(全8回)、18日から19日まで大阪・大丸心斎橋劇場(全3回)で上演。



関連写真

  • 舞台『早春のニューヨーク〜あなたを忘れない〜』に出演するルー大柴 (C)ORICON NewS inc.
  • 冴木杏奈 (C)ORICON NewS inc.
  • 芳賀優里亜 (C)ORICON NewS inc.
  • 舞台『早春のニューヨーク〜あなたを忘れない〜』(左から)脚本・演出の高梨由氏、ルー大柴、冴木杏奈、芳賀優里亜、原作者の倉科遼氏 (C)ORICON NewS inc.

オリコントピックス