• ホーム
  • 映画
  • 松坂桃李、青髪で初の殺人鬼役「テンションが上がる」 劇場版『MOZU』出演

松坂桃李、青髪で初の殺人鬼役「テンションが上がる」 劇場版『MOZU』出演

 俳優の松坂桃李と伊勢谷友介が劇場版『MOZU』(11月7日公開)に出演することが4日、わかった。松坂が演じるのは、残虐非道で猟奇的という初の殺人鬼役。青髪にカラーコンタクトを着用するなど七変化の奇抜な姿を披露する。松坂は「ダークな役をやりたいと以前から思っていたので、今回の役は演じていて非常に楽しいです。撮影中に顔に血飛沫があがる場面があったのですが、テンションがものすごく上がり、興奮しました」とコメントしている。

【写真】その他の写真を見る


 妻子の死の謎を追う公安警察官・倉木(西島秀俊)が主人公の同作。昨年放送されたドラマ版は、平均視聴率11.0%、最高視聴率13.8%を記録し、『2014年ギャラクシー賞』7月度月間賞、『東京ドラマアウォード2014』連続ドラマ部門優秀賞を受賞。これまでのドラマと一線を画すハードボイルドでシリアスな物語と、映画的な重く暗い映像がドラマファンの枠を超えて話題を呼び起こしていた。

 今回の劇場版で描かれるのは、西島演じる倉木が妻の死の真実に辿り着いてから半年後。気力を失った倉木と、警察への不信感から警察を辞め探偵事務所を開いた大杉(香川照之)、そしてともに謎を追っていた明星(真木よう子)が、あるテロ集団による高層ビル大規模強盗・脅迫事件に出くわすところから始まる。

 松坂は、犯罪実行部隊を率いる残虐非道な暗殺者で大杉の娘を誘拐する、権藤。伊勢谷は、冷静沈着な犯罪計画を立案するブレーン、高柳。そして、シリーズ最大の闇“ダルマ”と呼ばれる謎の存在を、ビートたけしが演じる。

 今回の起用に松坂は「非日常的な役どころなのもありますが、自分の違った一面を引き出してもらったような気がします。ドラマ版を観ていて、迫力あるアクションシーンに目を奪われたので、今回、羽住組に参加し、存分にアクションを堪能できて幸せでした」。伊勢谷は「今回演じる高柳は、自分自身を必要悪として認識し、全てを凌駕する能力の高さと強さを持った完璧主義者です。自分自身とは全く違うキャラクターなので、チャレンジしがいがあります。監督が選んだフィリピンのロケ地の建物や雑踏、溢れる人から生まれるカオス的、退廃的な雰囲気がこの映画に力強さを加えていますね」とコメントしている。

 劇場版は3月下旬に都内でクランクイン。4月初旬から、フィリピン・マニラで約1ヶ月間に及ぶ海外ロケを敢行し、日本国内では不可能な大規模アクションシーンの撮影に臨んだ。そのほか名古屋、北九州でも撮影が行われ、5月下旬にクランクアップ予定。

劇場版『MOZU』劇中カットが到着☆CGなしの衝撃アクション!

関連写真

  • 残虐非道で猟奇的な暗殺専門の殺し屋を演じる松坂桃李、冷静沈着に犯罪計画を立案する犯罪プランナーを演じる伊勢谷友介
  • フィリピン・マニラで、日本国内では不可能な大規模アクションシーンの撮影が行われた
  • 妻子の死の謎を追う公安警察官・倉木を演じる西島秀俊(C)2015劇場版「MOZU」製作委員会 (C)逢坂剛/集英社

オリコントピックス