• ホーム
  • スポーツ
  • AKB倉持明日香、2度目の“父娘”始球式 ワンバンも父から合格点

AKB倉持明日香、2度目の“父娘”始球式 ワンバンも父から合格点

 アイドルグループ・AKB48倉持明日香が5月1日、千葉・QVCマリンフィールドで行われたロッテ×日本ハム戦で、父で元プロ野球選手・倉持明氏とともに始球式を行った。

【写真】その他の写真を見る


 2013年5月の東京・神宮球場に続き、2度目となる父娘で臨んだ始球式では、現役時代に“炎のストッパー”の異名を持った明氏がキャッチャーを務め、明日香がマウンドに。審判は元ロッテの立川隆史氏、バッターボックスには、元ロッテ監督・西村徳文氏が立った。

 これまで4度の始球式を経験している明日香は、セットポジションに入ると、父のミットに向けて腕を振りきった。放たれたボールは、バッター手前でワンバウンドしたものの明氏のミットに収まると、会場は大きく湧いた。

 明日香は始球式後の取材でも「これまでで一番、いい球だった。自分を褒めてあげたい。自己採点は98点」と興奮冷めやらぬ様子。これまでの始球式は、父・明氏から「しょうもない球」と指摘を受けてきたが、今回は「初めて父の笑顔を見れた。『まっすぐいったな〜!』って喜んでくれた」と初めて“合格点”をもらった。

 この日、同球場ではスポーツ観戦好きの独身男女1000人が出会う『スタジアム街コン in QVCマリンフィールド』も開催。明日香は「すごくいいイベントだと思う。将来、私も(恋人と)一緒に野球観戦をしたいので」と笑顔で話していた。



関連写真

  • 2度目となる始球式に父娘で臨んだ(左から)倉持明日香、倉持明氏 (C)ORICON NewS inc.
  • ミニスカで始球式に挑んだ倉持明日香 (C)ORICON NewS inc.
  • “炎のストッパー”の異名を持った倉持明氏がキャッチャーを務めた (C)ORICON NewS inc.
  • 「自己採点は98点」と喜びを語った倉持明日香 (C)ORICON NewS inc.

オリコントピックス