• ホーム
  • 芸能
  • 市川中車、歌舞伎が「全くわかっていない」 猿之助も厳しくアドバイス

市川中車、歌舞伎が「全くわかっていない」 猿之助も厳しくアドバイス

 歌舞伎俳優の市川中車が5月1日、東京・明治座で『明治座 五月花形歌舞伎』(2日〜)公開舞台稽古後に会見。2012年6月に「九代目中車」を襲名し、今回が初の明治座の舞台となる中車は「まだ全くわかっていない」と歌舞伎の難しさを語り、市川猿之助から「数をこなすしかない」とアドバイスされた。

【写真】その他の写真を見る


 中車は「(稽古を)毎日やってるけど、しきたりとか、最低限のこととか、まだ全くわかっていない」と明かし、「全然成長できていない。時間と経験が必要なので全速力でやって行くしかない」と誓った。

 市川右近から「並外れた努力家で(舞台で)イモを食べながらしゃべるシーンがあるが、中車は2ヶ月前から練習してきた」と熱心さを褒められた中車だったが、猿之助は「まだまだ言えるところまで来ていない」とバッサリ。最後は「まだまだ始めたばかりなので、数をこなすしかない」と厳しくアドバイスしていた。

 『明治座 五月花形歌舞伎』は、昼の部「男の花道」と夜の部「鯉つかみ」の2部。中車は「香川照之」としては明治座で現代劇の出演歴はあるものの、中車としては今回が初めて。会見にはそのほか、片岡愛之助が出席した。



関連写真

  • 歌舞伎の難しさを語った市川中車(C)ORICON NewS inc.
  • 市川中車に手厳しいアドバイスをした市川猿之助(四代目)(C)ORICON NewS inc.
  • 『明治座 五月花形歌舞伎』公開舞台稽古後会見に出席した片岡愛之助(C)ORICON NewS inc.
  • 『明治座 五月花形歌舞伎』公開舞台稽古後会見に出席した市川右近(C)ORICON NewS inc.
  • 『明治座 五月花形歌舞伎』公開舞台稽古後会見に出席した(左から)市川右近、片岡愛之助、市川猿之助(四代目)、市川中車(C)ORICON NewS inc.

オリコントピックス