• ホーム
  • 芸能
  • 早見あかり「10代最後のかけがえのない瞬間」、代官山で写真展

早見あかり「10代最後のかけがえのない瞬間」、代官山で写真展

 女優の早見あかりが被写体となった写真展『木寺紀雄 しろとあかりといろ』が、6月5日より東京・代官山の「GA LLERY SPEAK FOR」で開催されることがわかった。木寺氏は、早見の20歳の誕生日を記念した写真集『Twenteen』を手がけたフォトグラファー。“大人でもない、子どもでもない。10代最後のかけがえのない瞬間”を、永遠に閉じ込めた写真集からのセレクトと、夏の沖縄と冬の長野で撮影した未公開カットが、大小サイズで約40点オリジナルプリントで展示される。

 木寺氏は、数多くの広告写真やCM、エディトリアルを手がけ、ファッション、旅、インテリアなどあらゆるジャンルで活躍中。これまでスウェーデンの陶芸家リサ・ラーソン氏など、クリエイターとのコラボレーションやドキュメンタリー作品などの発表等を行ってきたが、今回、初めて女優を被写体とした。女性のポートレートだけの写真展を開催するのも初の機会となる。撮影秘話や作品完成に至るまでを語るギャラリートークの実施(6月6日)も決定している。

■『木寺紀雄 しろとあかりといろ』

会期: 6月5日〜17日
開館時間:前11:00 〜後7:00、最終日のみ〜後6:00
※木曜休廊
http : // www.galleryspeakfor.com/



関連写真

  • 早見あかり初写真集『Twenteen』の未公開カットなどを展示する写真展を開催(C)NorioKidera,SDP
  • 撮影はフォトグラファーの木寺紀雄氏(C)NorioKidera,SDP

オリコントピックス